受講いただくにあたっての注意事項

休講・補講

講師の都合、天候、交通機関などの事情により、やむを得ず休講とする場合があります。
休講の場合は、原則として大学が指定する日で補講を行います。
なお、補講に出席できない場合でも、受講料の返金はいたしませんのであらかじめご了承願います。また、何らかの事情により、開始時間30分を経過しても講座が行われない場合は休講とし、後日補講を行います。ただし、代替講師による代講となる場合もありますのでご了承ください。 
(本学ホームページにも掲載いたします。)

気象警報等の発令、交通機関の運休による講座の取扱い

概ね講座開始4時間前の状況により延期決定します。
ただし、午前中に開始する講座については、午前7時の時点となります。なお、台風の接近等、講座開始4時間前よりも前の時間(早い段階)に、延期の判断をする場合があります。本学ホームページに掲載いたしますのでご確認ください。

(1)交通機関の運休
交通機関の運休が1)~4)のいずれかの場合
 1)神戸市営地下鉄西神・山手線
 2)JR線、阪急電鉄及び阪神電鉄(大阪-姫路間)
 3)JR線、山陽電鉄(大阪-姫路間)
 4)JR線、神戸電鉄(大阪-姫路間)

(2)気象警報の発令
神戸市に、特別警報または警報(暴風警報、暴風雪警報、大雪警報のみ)が発令された場合
※神戸市に発令されている警報は気象庁、あるいは神戸市のホームページから確認できます。
※本学キャンパス以外の会場(神戸会場、三宮会場)においては、大雨や洪水に関する警報も含む気象警報発令
(発令の予測がされる場合も含む)により延期の判断をする場合があります。

(3)避難勧告または避難指示の発令
本学敷地内に避難勧告または避難指示が発令された場合

(4)その他
1)上記(1)~(3)以外でも、地震による災害、感染症の発生、その他本学周辺の天候悪化等に伴い大学が
危険であると判断して延期にする場合は、本学ホームページで掲示いたします。
休講及び補講で発生した交通費等の補填は致しませんので、あらかじめご了承願います。
講義途中で暴風警報等が発令された場合は、その時点で講義を打ち切り、原則、補講を行います。

録音・録画・写真撮影

許可なく、講義中の録音、録画および教室内での写真撮影をすることはおことわりします。
また、講義中は必ず携帯電話をマナーモードに設定してください。

受講資格の取り消し

次のような好ましくない行為があった場合は、教室からの退出、受講の停止、もしくは受講の取り消しをすることがあります。なお、受講料の返金はいたしません。

 1. 他の受講生の迷惑となる行為や、授業の進行を妨げる様な行為を行った場合
 2. 受講手続きが完了していない場合(受講料の納入が確認できない等)
 3. 法令等や公序良俗に反する行為があった場合

その他注意事項

・講座が開講中止になった場合であっても、ご自身で購入されたテキスト(別途教材)の代金についてのご請求・返金には応じられません。
・教室内での喫煙、飲食はご遠慮ください。
・駐車場は利用できません。公共交通機関を利用してお越しください。