2010年度前期 市民講座特別コース

【概要】

神戸市外国語大学では、豊富な知識経験や知的好奇心を有する地域の方々の期待に応えるため、特定のテーマを学べる社会人向けの「市民講座特別コース」を2008年度より開講しております。今回は2010年度前期の受講生を募集します。

【特徴】

  1. 1クラス30名もしくは40名の定員とし、少人数で授業を行います。
  2. 受講生・講師間における意見交換・質問回答・各種指導をより活発に行うことで、一つのテーマをより深く学習することができます。

【開講予定講座】

2010年度前期は、語学講座を2コース、教養講座を3コース開講する予定です。開講場所は、すべて神戸市外国語大学構内(神戸市西区学園東町9丁目1番地)です。

(1) 語学講座Ⅰ(初級)

講座名 中国語発音入門 −漢詩で学ぶ中国語の発音−

中国語に限らず、正確な発音を学ぶことは外国語学習の第一歩です。正確な発音を身につけなければ、いくら自分が中国語を話しているつもりでも相手は理解してくれません。しかし、ただ発音記号を読んで練習するだけでは無味乾燥でおもしろくありません。そこで本講座では発音の基礎を練習した後、漢詩を現代中国語音で読んで楽しみながら発音を身につけるようにします。あわせて簡単な文法や日常会話も学びます。初めて中国語を学ぶ方を対象としますが、中国語学習経験者も歓迎です。

 

講座内容 (第1回) 中国語の音節構造の解説 声調・韻母の練習
(第2回) 声調・韻母・声母の練習の(1)
(第3回) 声調・韻母・声母の練習の(2)と簡単な文法
(第4回) 漢詩の四声と現代中国語の四声の解説と漢詩朗読による発音練習
(第5回) 漢詩朗読による発音練習と簡単な会話
(第6回) 漢詩朗読による発音練習と簡単な会話
講師 山川 英彦(教授)
回数 全6回(6回通しの講座となります。)
開講日 2010年5月11日〜6月15日の火曜日
開講時間 各日18:30~20:00
開講場所 学舎棟3階303教室
受講料 7,200円(6回通しの受講料。前払い)
定員 30名

(2) 語学講座Ⅱ(中級)

講座名 スペイン語講座(中級)

スペイン語を学ぶ中級者の方にとってむずかしそうなテーマを6つ選んで、分かりやすく概説してみます。スペイン語文法に関心のある方、もうワン・ステップの上達を望む方に。

講座内容 (第1回) 語根母音変化動詞の見分け方:
語根母音変化動詞は comer、mover、sumergir、preferir のうちどれですか? 何故そう思うのですか。
(第2回) 形式から見た法選択:
従属節が直説法か接続法かを意味ではなく形式で見分けられないでしょうか。
(第3回)「hace+期間表現+que」のバリエーション:
「時の経過」を表すhace は、hacía や hizo、hará、さらには hacemos にさえなります。
(第4回) 形容詞の位置と{ser / estar}+形容詞:
La chica {está / es} aburrida. と {una chica aburrida / una aburrida chica} のそれぞれの違いは何でしょう?
(第5回) 冠詞の有無と選択:
「先週末」は el fin de la semana pasada ですか? 「15%の消費税」は el IVA de 15% ですか?
(第6回) 身体再帰代名詞の有無:
「口を開けなさい」は Ábrete la boca. ですか Abre la boca. ですか?
講師 宮本 正美(教授)
回数 全6回(6回通しの講座となります。)
開講日 2010年4月14日〜5月26日の水曜日
開講時間 各日18:30~20:00
開講場所 学舎棟3階303教室
受講料 7,200円(6回通しの受講料。前払い)
定員 30名

(3) 教養講座 Ⅰ

講座名 深層心理学:諸潮流、歴史、現代社会

ストレス社会の中で忘れ、見失い、気づかなくなった本当の自分を現代人に取り戻させようとする深層心理学のいくつかの代表的な流れとその思想的源泉、及び現代文化での現れを紹介する。

講座内容 (第1回) 映画に見る深層心理学
人生半ばで行き詰まりを覚えた主人公が、忘れ去っていた年来の問題に取り組むことを通じて自分を取り戻し、新たな人生を始めるプロセスを探る。
(第2回) フロイトの精神分析
ウィーンのユダヤ人医師フロイトが見つめたのは、過去に縛られていることに気づかないままに(特に性的)欲望を追い求める人間の姿である。
(第3回) アードラー心理学
人は誰しも劣等感を抱えて優越感を追求するが、問題は、その人なりに描き、追求してきた未来のビジョンに気づき、必要ならこれを修正することである。
(第4回) ユング心理学
周囲との違和感に悩んでいるときすでに「自分探し」が始まっている。そこではしばしばどんなことが起こり、それは何を意味するのだろうか。
(第5回) ファウスト
悪魔と契約して自分のあらゆる可能性を探求する人間の姿を描いたゲーテの大作『ファウスト』が深層心理学の重要な思想的源泉であることを説明する。
(第6回) フランクルと現存在分析
現代人の病の本質を人生の意味の見失いとして、それゆえ治療をその発見への援助として理解したユダヤ人医師フランクルのロゴテラピー、および実存哲学を紹介する。
講師 村本 詔司(教授)
回数 全6回(6回通しの講座となります。)
開講日 2010年6月23日〜7月28日の水曜日
開講時間 各日18:30~20:00
開講場所 学舎棟3階303教室
受講料 7,200円(6回通しの受講料。前払い)
定員 40名

(4) 教養講座 Ⅱ

講座名 遺伝子と人間 -遺伝子概念の変遷-

生命の基礎原理である遺伝子(遺伝情報)と人間について考える。遺伝子がどのように健康や病気と関わっているのか、また個性に遺伝子と環境がどのように関係しているのかについて考察したい。

講座内容 (第1回) 生命の基礎原理
ヒトをヒトたらしめるもの(ヒトゲノム)とはなにか、ヒトゲノムからどうして生物としてのヒトが作られるのかを説明する。
(第2回) 個性と遺伝子
遺伝子が関与している病気や個性(アルコールに強いか弱いかなど)について考える。
(第3回) 遺伝と環境 -現代生命科学が描く遺伝子像-
複雑なネットワークとしての遺伝子システム、遺伝子の変異・再編など遺伝子の動的側面、遺伝子への環境の影響について考える。
講師 長江 裕芳 (教授)
回数 全3回(3回通しの講座となります。)
開講日 2010年6月11日〜6月25日の金曜日
開講時間 各日18:30~20:00
開講場所 学舎棟3階303教室
受講料 3,600円(3回通しの受講料。前払い)
定員 40名

(5) 教養講座 Ⅲ

講座名 経済学のフロンティア

昨年、オリバー E. ウィリアムソンにノーベル経済学賞が授与されました。本講義では、経済学の基本的な考え方を学習しながら、このウィリアムソンの研究がどのような社会現象の「謎」を解いたのかを解説します。

講座内容 (第1回) 市場
現在、「市場」という仕組みは、さまざまな形で批判されています。基本に立ち返って、(1)経済学の考える市場とは何か、(2)どのような役割を果たしているか、の二つの問題を考えます。
(第2回) 逆選択
もちろん、市場も万能ではありません。有効に機能するためにはいくつかの条件を満たす必要があるからです。市場がうまく機能しない原因として「逆選択」という考え方を説明します。
(第3回) 市場と組織
では、市場が機能しなかった場合、どうすればいいのでしょうか?ウィリアムソンの受賞理由である「経済的なガヴァナンスに関する分析」を学びます。
講師 森谷 文利 (講師)
回数 全3回(3回通しの講座となります。)
開講日 2010年6月2日〜6月16日の水曜日
開講時間 各日18:30〜20:00
開講場所 学舎棟3階303教室
受講料 3,600 円(3 回通しの受講料。前払い)
定員 40名

※日程・講座内容等については、変更が生じる場合があります。
※ 応募者が少ない場合、講座を中止することがあります。

【申込方法】

必要事項(受講希望講座・氏名・住所・電話番号)等をご記入の上、
3月10日より、郵送、FAX、またはe-mailのいずれかでお申し込みください
(所定の受講申込書[124KB]をご利用ください。)。
申込の締切日は、講座開始の1週間前まで(必着)。
受講者が定員を超えた場合のみご連絡いたします。
なお、電話によるお申込みは受け付けておりません。

【申込先】

神戸市外国語大学 市民講座特別コース係 宛
〒651-2187 神戸市西区学園東町9-1
Fax:078-794-8160
st2010@office.kobe-cufs.ac.jp

【講座の中止】

応募者が少ない場合、講座を中止することがあります。中止決定の場合はお知らせいたします。

【受講料の納入】

受講料は前納制です。講義開始の1週間前までに郵便払込取扱票で、ゆうちょ銀行(郵便局)にて払込をお願いいたします(払込に係る手数料はご負担ください。)。

*口座記号番号: 00940-3-271346
*加入者名: 公立大学法人 神戸市外国語大学
*通信欄に受講される講座名をご記入ください。
*受講者名にて振り込んでください。

納期限内に納入されない場合には、受講を辞退したものとして取扱いをいたしますのでご注意ください。

一度納入された受講料は払い戻しできませんので、ご了承願います。

【修了証書】

各講座につき8割以上出席された方には、修了証書をお渡しいたします。全6回の講座であれば5回以上、全3回の講座であれば全回、出席された方が対象となります。

【途中受講】

開講日を過ぎてからも、途中から受講できる講座もあります。詳しくは事務局までお問い合わせください。ただし、受講料は全額を納入いただくこととなりますのでご了承ください。

【休講・補講】

講師の都合、天候、交通機関などの事情により、やむを得ず休講となる場合があります。休講の場合は、原則として補講を行います。休講・補講のお知らせはこちらからご連絡します。受講申込書には必ず日中に連絡が取れる連絡先をご記入ください。

また、何らかの事情により、開始時間30分を経過しても講座が行われない場合は休講とし、後日補講を行います。ただし、代講となる場合もありますのでご了承ください。

【録音、録画、写真撮影】

原則として、講義中の録音、録画および教室内での写真撮影はおことわりします。

【受講資格の取り消し】

次のような好ましくない行為があった場合は、教室からの退出、受講の停止、もしくは受講の取り消しをすることがあります。なお、受講料の返金はいたしません。

  1. 他の受講生の迷惑となる事や、授業の進行を妨げる様な行為を行った場合
  2. 法令等や公序良俗に反する行為があった場合

【その他注意事項】

公共交通機関を利用してお越しください。

【問い合わせ先】

神戸市外国語大学 市民講座特別コース係 宛
〒651-2187 神戸市西区学園東町9-1
Tel:078-794-8177
Fax:078-794-8160
st2010@office.kobe-cufs.ac.jp

アクセス