下記の通り講演会を開催します。本学学生だけではなく、一般市民の方もご参加いただけます。
申込不要ですので、当日、直接会場までお越しください。

概要

kouen20191106.png


日時:2019年11月6日(水曜) 15時30分~17時30分
場所:神戸市外国語大学 第2学舎2階505教室
キャンパスマップ
対象:どなたでも参加可能。当日直接会場へ。
参加費:無料
主催:神戸市外国語大学

講演内容 

急激な変化と台頭を迎え、日本もアフリカ開発会議(TICAD)を通じてその「開発」に深く関係しているアフリカを見据えて、学術研究や国際協力の諸分野でこうした問題に向き合ってきた様々な立場から、その「挑戦」の最先端の魅力とリアリティを発信・検証します。

プログラム:

第1部(15:30~):アフリカの魅力を語り尽くす

 團野桂(国境なき医師団):「大地と自然の中に人が生きるということ」
 増田研(長崎大学):「郵便ポストはなくてもFacebookはつながる村」
 大石高志(神戸市外国語大学):「アフリカのフロンティアに共鳴するインド」
 杉下智彦(東京女子医科大学):「精神世界フロンティア:呪いとアバター」
 田村汀(神戸市外国語大学3年生):トーゴ
 岸上侑希(神戸市外国語大学3年生):タンザニア
 織田奈月(神戸市外国語大学3年生):トーゴ

第2部(16:45~):グループ・トーク「最後のフロンティアとは」
 登壇者の皆さんと小グループに分かれて、アフリカのことを何でも聞いちゃいましょう!

講演者

杉下智彦 神戸市外国語大学客員教授(東京女子医科大学 医学部医学科 国際環境・熱帯医学 教授)

医療・保健の専門領域や医療人類学・社会開発論の見地から、長年にわたり、アフリカ・アジアでの実践的な国際協力に従事。国際協力機構(JICA)のアドバイザーとして、そして医師として、特にHIV・エイズ対策をはじめ、アフリカ諸国における保健システムの構築を支援してきました。国際保健・医療事業分野での様々な社会的貢献は、すでに国内外で高い評価を受けています。

講演会のチラシはこちら

お問い合わせ

 神戸市外国語大学 研究所グループ  TEL:078-794-8177