創立60周年記念連続講演会
「日本と世界をつなぐ架橋−文学とジャーナリズムの視点から」

本学の創立60周年を記念して、本学卒業生を中心に、ジャーナリズム界で活躍中の方々を講師に招聘して、下記のとおり、土曜日に連続講演会を開催します。

1.講演会概要(太字は本学卒業生)

  日付 講演者 講演のタイトル
1. 9月30日(土) 平尾隆弘
文藝春秋社 取締役(元文藝春秋週刊文春クレア編集長)
文学とジャーナリズム−「文藝」の言葉と「春秋」のことば
2. 10月7日(土) 冨澤祥郎
新潮社 出版部
黒衣(くろこ)作業
3. 10月14日(土) 入谷芳孝
岩波書店 雑誌「図書」編集長
翻訳って、おもしろい?−翻訳出版の実際にそくして
4. 10月21日(土) 郷雅之
フリーの編集者
極私的編集者論−私の出会った編集者たち
5. 10月28日(土) 松井純
平凡社 書籍編集部
〈翻訳〉という閾
6. 11月4日(土) 増野俊則
神戸新聞社 論説委員長
地域からの発信

2.時間

いずれも 14:00~16:00(講演:90分、質疑応答:30分)

3.場所

1~5回神戸市外国語大学 大ホール 6回(11/4) ユニティ

4.受講定員

各回 200人(定員になり次第締め切ります。)

5.参加費

無料

6.申し込み方法

電子メールか、電話で

申し込みの際には、受講しようとする講演会、氏名、住所、連絡先(電話番号、電子メール等)をお伝えください。

電子メール front01@office.kobe-cufs.ac.jp(この電子メールは2006年11月6日以降利用できません)

電話
外国学研究所 Tel:078-794-8161、庶務課 Tel:078-794-8121