テーマ と 講演者

La gramática como forma de mirar (物の見方としての文法)  Ignacio Bosque氏 (イグナシオ ボスケ) マドリード大学教授

¿Cómo suena el español? (スペイン語はどう聞こえるか?)   Juana Gil氏 (フアナ ヒル ) スペイン高等科学研究所教授

日時 2014年10月13日(月曜) 10時30分~12時
場所 神戸市外国語大学 503教室
対象 本学学生・一般の方※一般参加者の受付は終了しました
その他 講演はスペイン語で行われます。

この講演会は、本学学生を対象としていますが、一般市民の方も若干名ご参加いただけます。

講演者プロフィール


Ignacio Bosque氏 (イグナシオ ボスケ)  マドリード大学教授、スペイン王立言語アカデミー会員

専門分野:スペイン語統語論・意味論

Juana Gil氏 (フアナ ヒル )  スペイン高等科学研究所教授

専門分野:スペイン語音声学・音韻論

 

一般参加者の募集(申込方法)※一般参加者の受付は終了しました


(1)募集人数  若干名(先着順)

(2)参加費   無料

(3)申込方法  申込書に必要事項(受講希望講座名・氏名・住所・電話番号・講演会の名称)をご記入の上、FAXまたはe-mailにて、下記までお申し込みください。

【送付先】 FAX:078-794-8160      E-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

【締切】 2014年10月8日(水曜)17時

※定員に達した場合は受付を終了します。

 

 ◎ツイッターでも講演会情報を発信しています