テーマ

The Hand behind the Image: Assertions of the Modern Japanese Woodblock Print Artist

イメージの創造:近代日本と木版画作家(アーティスト)の誕生

講演者

Claire Cuccio氏 (クレア クッチオ )

日時 2014年9月17日(水曜) 15時~16時30分
場所 神戸市外国語大学 三木記念会館
対象 本学学生・一般の方
その他 講演は日本語&英語で行われます。

講演者プロフィール


スタンフォード大学 Ph.D. 東洋文学語学科日本文学専攻(日本木版画・印刷文化・伝統工芸)claire.cuccio.jpg

『明星』を中心とした明治期文芸運動、木版画・印刷文化・伝統工芸について著作多数

北京在、インディペンデント・スカラー

 

講演内容


明治37年に雑誌『明星』に発表された山本鼎の木版画「漁夫」は、日本の近代版画の幕開けとなる作品と言われています。なぜそのような評価をうけるようになったのでしょうか。

明治日本における芸術観の変容を考えながら、一冊の雑誌を巡る一つの作品の物語を探ります。どのようにして木版画が芸術作品といわれるようになったのでしょうか。木版画作家がどのようにして芸術家としての地位を築いたのでしょうか。

 

一般参加者の募集(申込方法)


(1)募集人数  50名(先着順)

(2)参加費   無料

(3)申込方法  申込書に必要事項(受講希望講座名・氏名・住所・電話番号・講演会の名称)をご記入の上、FAXまたはe-mailにて、下記までお申し込みください。

【送付先】 FAX:078-794-8160      E-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

【締切】 2014年9月11日(木曜)17時

※定員に達した場合は受付を終了します。