小学校で習う「あいうえお」。
各種名簿や辞書の見出し語の配列でもおなじみです。
「あいうえお」は、わたしたちの身近にあって当然のように使われているので、
「なぜ」このような順番で並んでいるかということは、考える機会がないかもしれません。 この講演会では、「あいうえお」がなぜそのような順番で並んでいるかということを解説します。
そして、「あいうえお」という並び方が、じつは「ABC」という並び方とも関係しているということをご紹介します。

概要


(1)日時  2014年6月20日(金曜) 16時5分~17時35分

(2)場所  神戸市外国語大学 三木記念会館

     (神戸市西区学園東町9丁目1 / 神戸市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(3)テーマ 「五十音図の謎 : 『あいうえお』から『ABC』まで」

(4)講演者  藤原 敬介 (ふじわら けいすけ)

              神戸市外国語大学客員研究員

(5)対象者  本学学生・一般の方

(6)その他  本学学生は事前申込不要です。

一般参加者の募集(申込方法)


(1)募集人数  40名(先着順)

(2)参加費   無料

(3)申込方法  申込書に必要事項(受講希望講座名・氏名・住所・電話番号・講演会の名称)をご記入の上、FAXまたはe-mailにて、下記までお申し込みください。

【送付先】 FAX:078-794-8160      E-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

【締切】 2014年6月13日(金曜)17時

※定員に達した場合は受付を終了します。

講演会ポスターはこちら