講演会の様子

学生・院生・市民約190人と多くの方にご参加いただきました。

講演の要点は「もし、外国語の勉強が面白くないとしたら、それは外国語との付き合い方に工夫がないから」だという点に尽きます。「楽をしていては外国語の知識も運用能力も身につかない」という当然のことを言われているにもかかわらず、教室を埋めた聴衆が笑顔で講師の言葉に耳を傾けていた様子が印象的でした。

shouhei20180615_02.jpg

shouhei20180615_01.jpg

概要


日時:2018年6月15日(金曜)16時05分~17時35分shouhei20180615.png
場所:神戸市外国語大学 第2学舎503教室
キャンパスマップ
対象:本学学生、本学院生、一般の方 ※事前申込不要です。
参加費:無料

講演内容:
 今回の講演がこの時期となったのは、偶然ではありません。6月は外国語学部生にとって憂鬱な季節。専攻する外国語は語彙も文法も難しくなり、新学期のフレッシュな気分は遠い昔。それなのに、夏休み前の期末試験がジワジワと迫ってきます。このままでは挫折しそう。どうしたらいいのでしょうか......。特効薬はありませんが、皆さんが学び始めた頃のワクワク感を取り戻すために、発想を変えてみましょう。つまり、外国語にもっと触れてみるのです。その方法についてお話いたします。

黒田 龍之助氏

プロフィール

1964年生まれ。上智大学卒業。東京大学大学院修了。スラヴ語学・言語学専攻。2008年よりNHKのラジオおよびテレビのロシア語講座の講師を務める。東京工業大学助教授、明治大学助教授、フリーランス語学教師を経て、現在は神田外語大学特任教授。

主な著書に『はじめての言語学』(講談社現代新書)、『ポケットに外国語を』(ちくま文庫)、『寝るまえ5分の外国語』(白水社)、『ぼくたちの外国語学部』(三修社)、『羊皮紙に眠る文字たち』(現代書館)、『外国語を学ぶための言語学の考え方』(中公新書)、『初級ウクライナ語』(三修社)、『物語を忘れた外国語』(新潮社)『ロシア語だけの青春ーミールに通った日々』(現代書館)など。

お問い合わせ

神戸市外国語大学 研究所グループ
住所:〒651-2187 神戸市西区学園東町9丁目1
TEL:078-794-8177