概要

神戸市外国語大学では、中国文壇の最先端を行き、現代中国でもっともノーベル賞に近い作家といわれている莫言氏をお招きし、中国学科の学生及び院生を対象に自身の文学について語っていただく特別講演会を開催します。なお、今回の講演にあたっては、莫言氏のご好意により、中国・中国人・中国社会を理解する貴重な機会として、一般の方にも下記のとおりご参加いただけます。申し込み方法は下記をご参照ください。

1.日 時 : 平成23年7月25日(月曜)14:25~15:55(14:00~開場)
2.場 所 : 神戸市外国語大学 第2学舎505教室
(神戸市西区学園東町9丁目1 神戸市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)
3.テーマ : 「莫言の文学」
4.司 会 : 毛丹青・神戸市外国語大学客員教授
5.その他 : 神戸市外国語大学の中国語学科の学生による通訳があります。

一般参加者の募集( 申し込み方法 )

1.募集人数 : 100人(先着順)
2.参 加 費 : 無料
3.申し込み方法 :必要事項(氏名・住所・電話番号・講演会の名称)をご記入のうえ、FAXまたはEメールにて、下記までお申し込みください。

(送付先)
FAX:078-794-8160
Eメール:kouen201107@office.kobe-cufs.ac.jp

(締 切)
平成23年7月19日(火曜)
※先着順のため、定員に達した場合は受付を終了します。

取材について

取材希望の方は、平成23年7月22日(金曜)までに、下記までお申し込みください。

(取材申し込み先)

神戸市外国語大学 経営企画グループ 広報班 永井
電話:078-794-8106 FAX:078-792-9020

講演会の様子

講演会には、中国学科の学生、大学院生、一般参加者の方など約120名の方が参加しました。

mao-sensei.JPG
司会:毛丹青客員教授

funayama-sensei.JPG
船山仲他学長による開催の挨拶

bakugen-sensei.JPG
(莫言氏)
作家を目指すきっかけが、かつて中国で高級料理であった餃子を食べたいという想いからといったお話から、人間の欲望についてや、日中の文化の違いなど様々なお話をしていただきました。また、莫言氏は温泉とお刺身が好きで来日の際はそれを楽しみにしているのだとか。ユーモアたっぷりの莫言氏の講演会は終始和やかな雰囲気で開催されました。

bakugen-translator.JPG
中国学科の学生と修士課程の院生による逐次通訳

リンク

講演会のチラシ