概要

本学では、神戸市立博物館開館30年を記念し、神戸市立博物館と共同で特別セミナーを開催いたします。セミナーでは、神戸市立博物館の学芸員で、展示企画部長でもある岡泰正氏をお招きし、「南蛮美術と泰西王候騎馬図屏風」というテーマのもと講演をしていただきます。また、本学からは「ルドルフ2世とハプスブルク家芸術コレクション」というテーマで、山之内克子教授に語っていただきます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。なお、本セミナーは申込不要です。当日会場までお越しください。

(1)日 時 : 2012年5月16日(水) 午後2時半~4時 (開場午後2時~)

(2)テーマ :「南蛮美術の光と影 泰西王候騎馬図屏風の謎」への誘い

 (3)場 所 : 神戸市外国語大学 三木記念会館 (map)
(神戸市学園東町9丁目1 / 神戸市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(4)司 会 : 指 昭博 (神戸市外国語大学 教授)

(5)対象者 : 本学学部生・大学院生・一般参加者
※申込は不要です。

(6)参加費 : 無料

講演会のチラシ


【お問い合わせ先】
神戸市外国語大学 研究所グループ
TEL:078-794-8161

取材について

取材希望の方は、2012年5月14日(月曜)17時までに、下記までお申し込みください。

(取材申し込み先)
神戸市外国語大学 経営企画グループ 広報班  永井
TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020