概要

レンブラント、フェルメール、ブリューゲルなど、オランダ・フランドル絵画は、日本でも美術ファンの間で大きな人気を誇っています。15世紀、オランダ・べルギーでのブルジョア社会の繁栄とともに発展したこれらの芸術は、静物画や風俗画など、これまで描かれることのなかった日常的な題材を緻密な筆致で描き出し、新たな絵画の世界を切り拓きました。そして、17世紀になると、ヨーロッパ中のコレクターがこれらの作品を莫大な資金を積んで買い求めるようになります。今回は、ヨーロッパ交易史・文化交流史の第一人者、ミヒャエル・ノルト氏を講演者として、また、神戸市立博物館展示企画担当部長で、これまでウィーン美術史美術館展、マウリッツハイス美術館展など、オランダ・フランドル絵画の展覧会を数多く手がけてこられた岡泰正先生をコメンテーターとしてお迎えし、こうして巻き起こったオランダ・フランドル絵画ブームが、ヨーロッパの経済市場にどのような影響を与え、また、芸術をめぐる人びとの美的感覚や趣味をどのように変えていったのかを論じていきます。

(1)日 時 : 2013年11月27日(水曜)  午後2時~3時30分

(2)テーマ :「17・18世紀のオランダ絵画ブームとヨーロッパの芸術市場

(3)場 所 : 神戸市外国語大学 三木記念会館 (map)
(神戸市学園東町9丁目1 / 神戸市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(4)対象者 : 本学学部生・大学院生・一般参加者
※本学学生の方は申込不要です。

(5)講師 : ミヒャエル・ノルト氏 ドイツ・グライフスヴァルト大学教授

(6)司会 :  山之内 克子(やまのうち よしこ) 神戸市外国語大学外国語学部教授

(7)コメンテーター : 岡 泰正(おか やすまさ)氏 神戸市立博物館展示企画部長・学芸員

(8)その他 : 講演はドイツ語。本学教員による通訳付きで行います。

一般参加者の募集( 申し込み方法 )

1. 募集人数 : 50人(先着順)
2. 参 加 費 : 無料
3. 申し込み方法 : 必要事項(氏名・住所・電話番号・FAX番号・講演会の名称)をご記入のうえ、FAXまたはe-mailにて、下記までお申し込みください。(先着順)
(お電話でのお申し込みはできませんのでご了承ください。)

(申込先)
FAX : 078-794-8160
e-mail : shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

 

お知らせ

ミヒャエル・ノルト教授の著書の初の邦訳書『人生の愉楽と幸福―ドイツ啓蒙主義と文化の消費』(翻訳:本学の山之内克子教授)が11月初旬、法政大学出版局より刊行されます。

 
(お問い合わせ先)
神戸市外国語大学 研究所グループ
TEL:078-794-8177

講演会のチラシ

 

取材について

取材希望の方は、2013年11月25日(月曜)17時までに、下記までお申し込みください。

(取材申し込み先)
神戸市外国語大学 経営企画グループ 広報班  永井
TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020

講演会の様子

学部生・院生・一般の方等、48名にご参加いただきました。

20131127.JPG

 

20131127-2.JPGのサムネール画像

 

20131127-3.JPG