下記の通り講演会を開催します。本学学生だけでなく、一般市民の方もご参加いただけます。

概要


日時:2016年6月 23日(木曜)16時05分~17時35分
場所:神戸市外国語大学 第2学舎504教室
キャンパスマップ
対象:本学学生、一般の方(※先着10名)※本学学生は申込不要です。
参加費:無料

講演内容:
「死と文学─明治における身体、病、そして書くこと」についてお話しいただきます。英語を母国語とするティアニー先生が日本語、日本文学、日本文化をどのように読まれるのでしょうか。講演は英語と日本語となります。

講演者

Tierney Robert Thomas(ティアニー ロバート トマス)氏

プロフィール
Prof. Robert Tierney is Associate Professor of Japanese literature in the Departments of East Asian Languages and Cultures and Comparative and World Literatures in the University of Illinois at Urbana-Champaign. His recent publications include Monster of the Twentieth Century (U of California P, 2015), Tropics of Savagery: the Culture of Japanese Empire in Comparative Frame (U California P, 2010).

お申し込み・お問い合わせ

申込書に必要事項(氏名・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス)をご記入の上、e-mail、FAXまたは郵送で下記までお申し込みください。

【申込先】e-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp FAX:078-794-8160 
      
住所:〒651-2187 神戸市西区学園東町9丁目1
【締切】2016年6月22日(水曜)17時 ※定員に達した場合は受付を終了します。