テーマ

私はなぜイラクへ行くのか ~支援活動の「今」と「これから」~
講演者 高遠 菜穂子(たかとお なほこ) 氏
日時 2014年11月4日(火曜) 16時5分~17時35分
場所 神戸市外国語大学 501教室
対象 本学学生・一般の方 ※一般参加者の受付は終了しました

神戸市外国語大学では、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子氏をお招きし、下記のとおり講演会を開催します。

この講演会は、本学の教職課程科目を履修している学生を対象としていますが、一般市民の方も若干名ご参加いただけます。

 

講演者プロフィール


フリーランスのエイドワーカー、イラク支援活動家

 

講演内容


今、イラクで何が起きているのか―。

イラク戦争を支持した日本は、その後のイラクにどう向き合ってきたのだろう。

米軍による空爆はなぜ行われ、イスラム国はなぜ生まれたのか。

10年間、一貫してイラク支援を続けてきた高遠菜穂子さん。

現在、クルド自治区アルビルで国内避難民への緊急支援を試みている。

外大生に、イラクの「今」について語る。

 

一般参加者の募集(申込方法) ※一般参加者の受付は終了しました


(1)募集人数  若干名(先着順)

(2)参加費   無料

(3)申込方法  申込書に必要事項(受講希望講座名・氏名・住所・電話番号・講演会の名称)をご記入の上、FAXまたはe-mailにて、下記までお申し込みください。

【送付先】 FAX:078-794-8160      E-mail:shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

【締切】 2014年10月28日(火曜)17時

※定員に達した場合は受付を終了します。

 

 ◎ツイッターでも講演会情報を発信しています