田原(tián yuán : ティアン ユアン)特別講演会

中国における最新の文学事情や、中国社会で注目を浴びている80年代生まれの世代の活躍の状況について、学部生や大学院生に理解を深めてもらうとともに、生きた旬の中国語を聴く貴重な機会として、特別講演会を開催します。

概要

【講師】
田原(tián yuán : ティアン・ユアン) :作家、ミュージシャン、女優
昭和60年生まれ。平成14年、バンド「跳房子(Hopscotch)」のヴォーカルとしてデビュー。同年、処女小説「斑馬森林(ゼブラの森)」にて作家デビューも果たす。その後、平成16年には映画「胡蝶」(麦婉欣監督/香港)に出演して香港金像賞最優秀新人賞を受賞、以降女優としても15本もの映画作品に出演。小説、音楽、映画等、中国のあらゆるカルチャーシーンにおいて活躍中。

【講演内容】
1.テーマ 「80后の中国」 (注:80后とは80年代生まれの世代を意味します)
2.聞き手 神戸市外国語大学客員教授 毛丹青
3.司 会 神戸市外国語大学准教授 下地早智子

【開催日時】
平成21年7月1日(水)午前10時30分~12時

【場 所】
神戸市外国語大学第2学舎504教室

【参加者】
本学学生・院生 200名

【本学での講演の経緯】
田原女史は、北京語言大学(中国・北京市)の卒業生でもあり、この北京語言大学と神戸市外国語大学とは、平成20年9月に協力交流協議書を締結し、平成21年4月より交換教員1名を本学に派遣しています。
この度、初の邦訳小説「水の彼方」の出版にあたり、その邦訳者、泉京鹿氏は、神戸市外国語大学客員教授 毛丹青氏の教え子でもあることから、今回の出版記念の訪日を機に、神戸市外国語大学において特別講演会を実施することになったもの。

講演会の様子

当日は、200名を超える学生が参加され、毛先生の軽妙なリードと中国学科生の精鋭5名による逐次通訳を通して、中国社会で注目を浴びている80年代生まれの世代の活躍の状況について詳しいお話を伺いました。集まった学生たちからも中国語による活発な質疑応答があり、会場は熱気に包まれました。
090701tianyuan.jpg

 

問い合わせ先

公立大学法人 神戸市外国語大学経営企画室 荒木・屋久
TEL:078-794-8101 FAX:078-792-9020 E-mail:announce@office.kobe-cufs.ac.jp

リンク

講演会ポスター

関連リンク

田原(ティアン ユアン)さんブログページ