概要

本国際セミナーは、フランシスコ・ザビエルの出身地であるスペイン・バスク州(自治政府を持つ)と日本との間に最初の友好親善のブリッジを架けるべく、神戸市外国語大学とバスク大学の学術交流協定に基づき開催されます。すでに、第1回目の国際セミナーは2007年スペイン・ビトリア市でバスク大学が主催し、盛況を博したのでそれを受けて第2回目を2012年神戸市外国語大学が主催することとなりました。本国際セミナーでは、異文化理解のうち、とくに「スポーツ文化」理解に焦点を当て、多くの研究者の参加・協力を得て議論を深めることを目指します。
また、国際セミナーの開催を記念し、稲垣正浩客員教授による特別講演会を連続で開催いたします。多数の皆様の参加をお待ちしております。

日 時講演会名称講 師場 所対 象定 員講演料
2012年
5月10日
14時30分~16時
スポーツとはなにか1
-スポーツのルールについて考える-
客員教授
稲垣 正浩
三木記念会館 学生・院生
一般の方
70名 無料
2012年
5月11日・18日・25日
6月1日(全4回)
17時50分~19時20分
オープン・セミナー2012
スポーツ文化のグローバリゼーション
-日本・アジア・アフリカ・ヨーロッパ-
◆詳しくはこちら
教授
竹谷 和之
205教室 学生・院生
一般の方
40名 有料(¥4,800)
2012年
7月6日
14時30分~16時
スポーツとはなにか2
-伝統スポーツの
存在理由について考える-
客員教授
稲垣 正浩
三木記念会館 学生・院生
一般の方
70名 無料

2012年
8月6日~9日

神戸市外国語大学・バスク大学
第2回国際セミナー
グローバリゼーションと伝統スポーツ
◆詳しくはこちら

三木記念会館 学生・院生
一般の方
20名 無料
2012年
10月13日
13時~17時
アフター・国際セミナー
◆詳しくはこちら
三木記念会館 学生・院生・一般の方 20名 無料
2012年
11月30日
14時30分~16時

スポーツとはなにか3
-グローバル・スタンダードとしての
近代スポーツについて考える-

客員教授
稲垣 正浩 
三木記念会館 学生・院生
一般の方
70名 無料
2013年
1月25日
14時30分~16時
スポーツとはなにか4
-21世紀を生きる
わたしたちのスポーツについて-
客員教授
稲垣 正浩
三木記念会館 学生・院生
一般の方
70名

無料

一般参加者の募集( 申込受付は終了しました )

必要事項(講演会の開催日・氏名・住所・電話番号・FAX番号)をご記入のうえ、FAXまたはEメールにて、下記までお申し込みください。
※お電話でのお申し込みはできませんのでご了承ください。

(申込先)
FAX : 078-794-8160
e-mail : vasco@office.kobe-cufs.ac.jp

(お問い合わせ先)
神戸市外国語大学 研究所グループ
TEL:078-794-8177

取材について

取材希望の方は、各講演会の3日前の17時までに、下記までお申し込みください。
(取材申し込み先)
神戸市外国語大学 経営企画グループ 広報班 永井
TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020

稲垣 正浩 客員教授について

1938年生まれ。スポーツ史・スポーツ文化論。
神戸市外国語大学客員教授、「ISC・21(21世紀スポーツ文化研究所)」主幹研究員、スポーツ史学会前会長。
近代スポーツが陥った「過剰な」競争原理からの離脱と移動の方法を模索。そして人間の「生」にとって「スポーツとはなにか」を問う。
主な著書に、『スポーツ文化の脱構築』『身体論-スポーツ学的アプローチ』『ウィーンの生涯スポーツ』『児童文学の中にスポーツ文化を読む』『宗教文学の中にスポーツ文化を読む』『伝承文学の中にスポーツ文化を読む』(叢文社、2001~2005年)など多数。
共著に、『スポーツ科学からスポーツ学へ』(藤井英嘉、叢文社、2006年)、『近代スポーツのミッションは終わったか』(西谷修、今福龍太、平凡社、2009年)など多数。

講演会のチラシ