概要


バスク地方はカンタブリア海に面してフランスとスペインにまたがる小さな領域で、独立国家をなしてはいませんが、独自の言語であるバスク語を保持するバスク民族が暮らしています。本講演では、バスク地方に関する基本情報と、言語、文化についてお話しします。言語についてはその主要な特徴について簡単にお話しします。文化については、映像をご覧いただきながら、民族楽器を使った音楽と伝統的なダンスをとりあげます。バスクについて知るための、きっかけになってくれればと思います。

 

(1)日時:2013年7月19日(金曜) 12時45分~14時15分

(2)テーマ:「バスク語とバスク文化」

(3)場所:神戸市外国語大学 第3AV教室

(神戸市西区学園東町9丁目1/神戸市営地下鉄「学園都市駅」から徒歩3分)

(4)対象者:本学学部生・大学院生・一般参加者

 

一般参加者の募集(申し込み方法)


1. 募集人数 : 10名(先着順)
2. 参 加 費 : 無料
3. 申し込み方法 : 件名に講演会の名称を記入し、本文にその他必要事項(氏名・住所・電話番号・FAX番号)をご記入のうえ、FAXまたはEメールにて、下記までお申し込みください。
(お電話でのお申し込みはできませんのでご了承ください。)


(申込先)
FAX : 078-794-8160
e-mail : shouhei@office.kobe-cufs.ac.jp

 
(お問い合わせ先)
神戸市外国語大学 研究所グループ
TEL:078-794-8161

講演会のチラシ

 

講演会の様子


yoshida (4).JPG

学生・院生・一般市民等23名の方にご参加いただきました。