教職支援

教職サロン

教職志望の学生を支援するため、2012年春に開設された「教職サロン」を2016年春からは学舎1階に移転し、さらに情報収集や交流の場としての機能を向上させました。黒板や机・いすを配置した模擬授業のためのスペースと、仲間同士の交流のためのサロン的なスペースを備え、定期的に教職セミナーが開催されるなど、学生や教職員でにぎわっています。各種教科書や教員採用試験対策本、先輩達の残した指導案、教育委員会の採用試験実施情報も閲覧可能です。

教職勉強会

教職サロンは、教職を志す学生たちの自発的学習グループである「教職勉強会」の拠点としても利用されています。「教職勉強会」では、教員になるための資質を高めることを目的として模擬授業や教員採用試験対策・ディスカッション・プレゼンテーションを行うなど、週1~2回楽しく活動しています。モチベーションが高く、仲間同士でお互いを高め合うことのできる「教職勉強会」のメンバーからは、毎年多くの教員採用試験合格者が出ています。

教職セミナー

教職課程担当教員の指導のもと、教育実習前の模擬授業や採用試験の模擬面接・場面指導、教員採用予定者の報告会などのセミナーを、毎年定期的に行っています。そのほか、スクールサポーターなどの活動に関する報告会や、兵庫県・神戸市などの教員採用試験説明会、私学教員採用ガイダンスも開催されています。

教職相談

教職課程の履修に関して不安に思ったり、迷ったりしていることがあれば、経験豊かな担当教員に随時相談することができます。本学では、教職課程を履修する学生に対し、小規模な大学ならではのきめ細かい教職支援を行っています。不明点や相談事がある場合は、教職課程担当窓口もしくは担当教員までお気軽にご相談ください。

小学校教諭免許状(一種)取得プログラムについて

神戸親和女子大学との提携により、本学に在学しながら神戸親和女子大学の通信教育部の科目等履修生(※1・2)となることで、卒業時に小学校教員免許の取得が可能(※3)となるプラグラムを用意しています。実際にこのプログラムの修了者で、教員採用試験を合格して小学校で教員として働いている卒業生もいます。小学校での英語教育が本格化する中、外国語大学を卒業した小学校教員の活躍の場は今後もますます広がっていくでしょう。このプログラムは2年生から大学卒業までの3年間で修了することを原則とし、3年次以上から履修した場合も卒業までを履修期間とします。例年、1月に履修説明会を行っていますので、興味のある学生はぜひ参加してください。

  • ※1 プログラムの費用は別途かかります。
  • ※2 プログラムの履修は本学の2年生からで、本学の推薦が必要になります。
  • ※3 本学において中学校または高校の教職課程の履修の必要があるなど、免許取得には別途条件があります。