2018年11月、本学大学院は、スペインのUniversidad de Navarraスペイン言語文化研究所(ILCE)との間
でダブル・マスタープログラムに関する協定を締結しました。
 このプログラムでは、本学大学院の修士課程イスパニア語学専攻に入学後、1年生の後期よりスペイン、
ナバラ大学大学院へ留学し、1年間スペイン語教育法を学びます。帰国後、本学での学修と併せて2年間の
課程修了時に本学大学院とナバラ大学大学院の2つの修士の学位を同時に取得できる日本で唯一のスペイン
語教育法マスター・プログラムです。

プログラム概要

対象学生 本学大学院修士課程イスパニア語学専攻
※本学大学院修士課程への出願については、「修士課程募集要項」をご覧ください。

選抜方法 ナバラ大学(スペイン)とのダブル・マスタープログラム(イスパニア語学専攻・語学領域/文学領域)の募集人数は2名程度です。選抜は第1次募集を基本とし、募集人数に満たなかった場合は第2次募集を行います。プログラム希望者は入試出願時に専用の応募用紙を提出してください。
派遣先大学

ナバラ大学(スペイン ナバラ州 パンプローナ市)
スペインを代表する私立総合大学で1952年創設。
ILCEは1967年に設立。学生数約13,000名。
うち大学院生約3,000名(修士2,000名、博士1,000名)。

THEランキング301-350(2017)

派遣人数 2名程度

プログラム

期間

2年間

前  期 後  期
1年目 神戸市外国語大学 ナバラ大学
2年目 ナバラ大学 神戸市外国語大学

応募要件 本学大学院修士課程イスパニア語専攻への出願資格を満たす者。なお、入学試験においてナバラ大学が求めるスペイン語能力(CEFR C1レベル)を有しているかを判定する。
また、出願時に英語能力(CEFR B2レベル)を証明できるものを提出することが望ましい。
取得学位

両大学の学位授与の要件を満たす者は、以下の2つの修士の学位を取得することができます。

・神戸市外国語大学大学院 修士(文学)

・ナバラ大学大学院 修士(外国語としてのスペイン語教育法)

学位授与の

要件

(1)神戸市外国語大学:所定の科目より30単位以上取得

   (10単位はナバラ大学で履修20単位は本学で履修)

    修士論文または課題研究の提出(及び最終試験に合格すること)

(2)ナバラ大学:所定の科目を履修、実習を完了し、課程修了課題を提出すること

※ナバラ大学で履修した科目のうち、指定の科目(最大10単位まで)を本学の単位として認定します。

プログラムの内容

修士課程1年目前期を本学で履修し、1年目後期から2年目前期をナバラ大学、2年目後期は再び本学で履修します。

ナバラ大学での履修科目はナバラ大学ホームページでご確認下さい。

必要経費

【本学】

  1. 選抜料   26,000円
  2. 本学入学金 423,000円(神戸市民:297,000円)
  3. 本学授業料 535,800円/年
  4. その他の経費は、本学修士課程募集要項を参照
【ナバラ大学】

   ・授業料 11,648ユーロ

※本学に入学金および1年分の授業料を支払います。
※ナバラ大学に1年分の授業料を支払います。

※その他、渡航費用、ビザ取得に係る費用、生活費等は本人の負担となります。

※ナバラ大学においてティーチング・アシスタント業務を行うことで、最長10か月間月額200ユーロが支給されます。

※本学から派遣学生に対し、1名分の渡航費がナバラ大学より支給されます。

※その他 (1)本プログラム終了後、本学博士課程に出願することが出来ます。

     (2)応募用紙等に記載されている個人情報は、入学者選抜、合格者発表等を行うために利用します。

        取得した個人情報は適切に管理し、利用目的以外に使用しません。

お問い合わせ先

神戸市外国語大学 研究所グループ大学院担当
TEL:078-794-8238
FAX:078-794-8160
e-mail: grad_kcufs(at)office.kobe-cufs.ac.jp