英米学科准教授
松永京子 (まつながきょうこ)
Associate Professor
Kyoko MATSUNAGA

MESSAGE

「日本の原爆文学とアメリカの核文学の違いは何か?」このような疑問から私の研究は始まりました。今では幾つかの答えが挙げられますが、カルチュラル・スタディーズやポストコロニアル理論といった学際的アプローチを学ぶことによって、この問題に対するより深い理解を得ることができました。学生の皆さんにはぜひ、考察の対象としたい疑問を見つけ、新しいアイデアや情報に触れ、問題を理解する手助けとなる研究方法を学んでもらいたいと思っています。

At the beginning of my research was the question, “What is the difference between Japanese atomic bomb literature and American nuclear literature?” There are several ways to answer the question, but interdisciplinary approaches such as cultural studies and postcolonial theory helped me examine the issue more deeply. It is my hope that my students will encounter questions they want to explore, expose themselves to new ideas and information, and gain more understanding of theoretical approaches to help them answer their questions.

最終学歴(学位) Degrees

ネブラスカ大学English専攻、博士号取得(Ph.D.)

研究分野 Research Field

主な専門は北米先住民文学、環境文学、原爆・核文学。特に先住民文学のなかで、核や原爆の問題がどのように表象されているのかを、カルチュラル・スタディーズ、ポストコロニアル理論、環境正義などの視点から研究している。

My special interests are American Indian, Environmental, Atomic Bomb or Nuclear Literatures. I especially focus on the representation of nuclear issues (nuclear science, uranium mining and milling, waste disposal, weapons testing, etc.) in Native American Literature. My theoretical approaches include cultural studies, postcolonial theory, and environmental justice.

教育研究業績 Recent Publications and Presentations

教育研究業績はresearchmap