国際関係学科教授
村田邦夫 (むらたくにお)
Professor
Kunio MURATA

最終学歴 Degrees

愛媛大学法文学部法学科卒業(法学士)
神戸大学大学院法学研究科公法専攻博士後期課程退学(法学修士)

研究分野 Research Field

「自由民主主義」の形成・発展過程を,「政治発展」と「経済発展」との交錯をとおして歴史的に描き直す作業をこれまで続けている。現在,総論的研究から各論的研究へと領域対象を移している。

a study on the relationship between the economic development and the democratic development in the hegemonic system and its order

主な著書・訳書等 Books

『イギリス病の政治学―19-20世紀転換期における自由主義による危機対応過程―』 単著 晃洋書房 1990

『民主化の先進国がたどる経済衰退―経済大国の興亡と自由民主主義体制の成立過程に関する一仮説―』 単著 晃洋書房 1995

『戦前と戦後の民主化過程における構造的同質性に関して―民主化の形成・発展モデルによる考察―』単著 神戸市外国語大学研究叢書 第27冊 1997

『史的システムとしての民主主義―その形成、発展と変容に関する見取図―』 単著 晃洋書房 1999

『覇権システム下の「民主主義」論―何が英霊をうみだしたか―』単著 御茶の水書房 2005

『「日本人」と「民主主義」―エッセー風モノグラフ―』単著 神戸市外国語大学研究叢書第41冊 2007

『「日本人」と「民主主義」』単著 御茶の水書房 2009

『日本人の物語』 単著 神戸市外国語大学研究叢書 第48冊 2010

『21世紀の「日本」と「日本人」と「普遍主義」―「平和な民主主義」社会の実現のために「勝ち続けなきゃならない」世界・セカイとそこでの戦争・センソウ』 単著 晃洋書房 2014

主要論文 Major Publications

「世紀転換期のイギリス自由主義―旧自由主義から新自由主義の形成に向けて―」(『六甲台論集』第30巻第1号所収) 単著 神戸大学大学院研究会 1983

「カルチュラル・ポリティクスからみた現代イギリス政治とその問題点―イギリス近代化の政治戦略構想とその挫折に関して―」(『松山大学論集』第4巻第1号所収) 単著 松山大学学術研究会 1991

「夏目漱石の苦悩に学ぶ日本経済の構造転換―「民主化」の先進国が辿る経済衰退史」(『週刊ダイヤモンド』1994年 3月19日号) 単著 ダイヤモンド社

『史的システムとしての民主主義』再考」(『神戸外大論叢』第51巻第7号所収) 単著 外大研究会 2000

「グローバリゼーション」と「民主主義」」(『外国学研究』LL所収) 単著 外大研究会 2000

「21世紀前半叶"覇権体系"及其"秩序"下的中日関系(梁長歳 訳)」(『内蒙民族大学学報(社会科学版)』所収)単著 内蒙古民族大学 2004

「イラクに「民主主義」を押しつけているのは何か―「民主主義」の「構造」と「発展」方向の転換という観点から―」(『アソシエ』15号(『ポスト・イラクの自由と民主主義』)所収 )単著 御茶の水書房 2005

「中国の「ナショナリズム」に関する一試論―丸山眞男の「幸福な結婚」論を手掛りとして―」(『アソシエ』16号(『超国家の系譜』)所収)単著 御茶の水書房 2005

「「日本人」と「民主主義」」(神戸外大論叢第58巻第5号)単著 外大研究会 2009

「「日本人」と「民主主義」(続・完)―「パックス・アメリカーナ」の下での「平和」と「民主主義」―」(神戸外大論叢第59巻第5号)単著 外大研究会 2008

「「民主主義」論のあらたなるパラダイムを求めて―「民主主義」の構造転換を理解するために―」(外国学研究74(『グローバリゼーション・デモクラシー・国民国家をめぐる考察』)所収)単著 神戸市外国語大学 2009

「「日本人」と「民主主義」再考」(神戸外大論叢第60巻第4号)単著 外大研究会 2009

所属学会 Academic Associations

CPS(比較政治学)研究会、イギリス帝国史研究会

担当授業科目 Classes

比較政治学 政治体制論

Comparative Politics, International Politics

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書[150K]