法経商教授
中村嘉孝 (なかむらよしたか)
Professor
Yoshitaka NAKAMURA

MESSAGE

国際商取引における契約について、企業行動の観点から研究しています。 グローバル化の進展により国境を越えてモノ・サービス・情報は自由に移動しており、その主たる運営主体は企業です。その構成員である人間は、比較的狭い内在的価値観・論理で動いているため、企業行動を合理的に予測・説明するためには、背景にある歴史、思想、文化および宗教に関する知識が不可欠だと感ずるようになりました。商取引のHow to(効率的な運営)のAnalysis(分析)とともに、一見関係の薄い異分野をWhyの観点からSynthesis(統合)を試み、仮説を立て検証する「研究」の面白さを、学生の皆様にも感じ気づいてほしいと願っています。

最終学歴 Degrees

1991年 関西学院大学商学部 卒業
1995年 同志社大学大学院商学研究科博士課程(前期) 修了
1999年 同志社大学大学院商学研究科博士課程(後期) 単位取得満期退学
2006年 博士(学術)(神戸市外国語大学)

研究分野 Research Field

国際取引における契約的側面を、法学的・商学的観点から学際的に研究しています。特に、契約不履行について法・経済的側面を考慮しつつ、商学的な観点からの効率的な処理方法の理論構築を目標としています。そのプロセスにおいて、国際商取引のメルクマールとなるウィーン売買条約(CISG)、UNIDROIT国際商事契約原則に関する研究にも取り組んでいきたいと考えています。

International Business Practices, especially some rules and regulations used in, for example, Incoterms 2000, UCP600, CISG, UNIDROIT Principles of International Commercial Contracts.

教育研究業績 Recent Publications and Presentations

教育研究業績はこちら