中国学科教授
太田斎 (おおたいつく)
Professor
Itsuku Ota

最終学歴 Degrees

神戸市外国語大学外国語学部中国学科卒業(文学士)
東京都立大学大学院人文科学研究科中国文学専攻修士課程修了(文学修士)

研究分野 Research Field

漢語方言の記述研究を行い,そこから得られたデータと現代方言の種々の文献から得られたデータをつき合わせて方言の音韻史を追求している。そして方言の音韻史を明らかにすることによって,従来の漢語音韻史の修正を目指している。また少数民族語及び周辺の異系統の言語をも研究対象として,地域的特徴,類型的特徴の成立要因についても考察を行っている。歴史的文献については,『切韻』、『玉篇』、『玄応音義』といった中古音資料や『西番館訳語』、『西儒耳目資』といった近世音資料に関する研究がある。

Chinese Historical Phonology, Chinese Dialectology

主な著書・訳書等 Books

呉語処衢方言研究(中国語学研究 開篇 単刊 No.12). 共著.2000年3月, 好文出版, 曹志耘ほか著. 好文出版. 470p.

莱州方言志. 共著. 2005年6月, 斉魯書社, 銭曾怡ほか著. 378p.

主要論文 Major Publications

「回紇huíhé」の「紇hé」. 単著. 2004年9月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第55巻第1号, p. 21-34.

虚構の字音、虚構の小韻―乏韻渓母小韻は実在したか. 単著. 2005年3月, 開篇. Vol.24, p. 1-13.

"媳妇"が関わる民間語源三題―中国語西北方言の例を中心に―. 単著. 2005年12月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第56巻第7号, p. 15-41.

瑞安湖岭方言音系. 単著. 2006年3月, 神戸市外国語大学外国学研究所, アジア言語論叢. 第6号. 外国学研究. 第64号, p. 141-176.

キメラ語形について(1). 単著. 2006年6月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第5 巻第7号, p. 181-207.

唇音下字反切の開合問題. 単著. 佐藤進先生還暦記念論文集. 好文出版, p. 125-144.

北方方言里面所能见到的类音牵引等语音现象――以山西方言的"砚瓦"为例――(续). 単著. 2007年9月, 神戸市外国語大学研究会. 神戸外大論叢. 第57巻第3号, p.93-105.

[資料]丁種西番訳語(川一)校本(稿). 単著. 2008年3月, 神戸市外国語大学外国学研究所, アジア言語論叢. 第7号, 外国学研究. 第69号,p. 109-164.

北方方言"眼睫毛"的对应词的特殊音变化(1). 単著. 2008年9月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第59巻第4号, p. 23-43.

[講義稿]古代の四声と普通話の四声の対応関係. 単著. 2010年3月, 神戸市外国語大学外国学研究所, アジア言語論叢. 第8号, 外国学研究. 第76号,p.95-131. 常用词特殊音变的分析法:以"肩膀"和"井拔凉水"为例.単著.2010年9月,《中国语文》2010年第5期(中国社会科学院语言研究所建所六十周年纪念专刊),p.426-437

谈"蝌蚪"(1) .単著.2010年11月, 神戸市外国語大学研究会. 神戸外大論叢. 第61巻第1号, p.25-44.

所属学会 Academic Associations

日本中国語学会、日本中国学会、日本言語学会、日本西蔵学会

担当授業科目 Classes

専攻中国語Ⅲ(講読) 専攻中国語Ⅳ(講読) 中国語基礎論 中国語学演習I(大学院修士) アジア言語演習(中国語方言研究)(大学院博士)

III Reading for Chinese Majors, IV Reading for Chinese Majors, Introduction to Chinese Linguistics, Practice in Chinese Linguistics

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書[163K]