総合文化教授
竹谷和之 (たけたにかずゆき)
Professor
TAKETANI Kazuyuki

最終学歴(学位) Degrees

神戸市外国語大学外国語学部イスパニア学科卒業(文学士)
筑波大学大学院修士課程体育科学研究科体育方法学専攻修了(体育学修士)

バスク大学身体活動・スポーツ科学研究科(スポーツ学修士)

研究分野 Research Field

スポーツ文化の研究(スポーツ文化論、スポーツ史)。各地域に伝承されている民族スポーツを、人間の行動様式(文化)として捉え、その構造や歴史を分析する。とくに、近代スポーツとの比較から、現代社会において「人間にとってスポーツとは何か」という問題を掲げながら、新たなスポーツ文化を提示しようとしている。現在はバスク民族のスポーツ文化及び東アジアのスポーツ文化を中心に研究をすすめている。

Sport Culture Studies & Sport History

主な著書・訳書等 Books

『スポーツは果実』 共著 求龍堂 2005年3月 中村多仁子編著. p. 30.

『舞踊・武術・スポーツする身体を考える』 共著 叢文社 2005年6月 三井悦子編著.

『ジャック・マイヨールの遺産』 共著 叢文社 2007年7月 竹谷和之編著. p. 134.

『スポーツ学の冒険』 共著 黎明書房 2009年3月 船井・松本・三井・竹谷編著. p.16

『<スポーツする身体>とはなにか バスクへの問いPART1.』 叢文社 2010年 竹谷和之編著

主要論文 Major Publications

賭とスポーツ文化. 単著. 2005年9月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第56巻第4号, p. 23-47.

近代スポーツとバスクアイデンティティ- Athletic Club de Bilbao. 単著. 2006年6月, 神戸市外国語大学研究会, 神戸外大論叢. 第57巻第1~5号, p. 445-459.

水に溶ける身体―ジャック・マイヨール. 共著. 2007年12月, 平成16~19年度文部科学省科学研究費補助金・基盤研究B 研究成果報告書「バスク民族のスポーツ文化政策に関する総合的調査研究 ―神戸市外国語大学・バスク大学 第1回国際セミナー」. 研究代表者 竹谷和之. p. 49-56.

バスク民族のスポーツ文化政策に関する総合的調査研究. 単著. 2008年2月, 平成16~19年度文部科学省科学研究費補助金・基盤研究B 研究成果報告書.

Juegos,Deporte y Sociedad en Japon - una triple realidad. 単著. 2009年2月, スペイン・バスク大学DEA(Diploma de Estudios Avanzados)提出論文.

バスク民族スポーツと<宗教>との関係性について -論文作成のメモランダムとして-, 単著.2009年6月, ISC・21(21世紀スポーツ文化研究所), <ISC・21>IPHIGENEIA, 創刊号, p.166-185.

所属学会 Academic Associations

スポーツ史学会 Eusko Ikakuntza (バスク学会)

担当授業科目 Classes

スポーツ方法(スクーバダイビング、硬式テニスetc ) スポーツ文化論 スポーツ文化論演習「第2」 研究指導

Sport Culture, Research Supervision Seminar

教育研究活動報告書(最近5年) Recent Publications and Presentations

教育研究活動報告書 [154K]