おすすめ資料 第79回アメリカ黒人の歴史を振り返る

キング・マルコムX・モリスン他『アメリカの黒人演説集』(岩波文庫) 岩波書店 [N080-14-26-1]

2008年11月の岩波文庫新刊です。19世紀後半から現代にいたるまでの黒人指導者や活動家の演説を、年代順に並べています。アメリカで公民権法が成立したのは1964年のことで、その前後に活躍したマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやマルコムXは、教科書などで採りあげられることもあり日本でも有名です。

この本には、彼らの有名な演説も収録されていますが、それより以前、奴隷制度廃止運動の時期の活動家たちの演説が多く収録されています。ほかに、ゾラ・ニール・ハーストン、トニ・モリスンなど作家も収録されています。

初めての黒人の大統領が誕生することになった2008年11月は、アメリカの黒人の歴史の中のひとつの区切りとなりました(この本の最後には、上院議員になってまもないバラク・オバマが地方大学の卒業式で行った演説も掲載されています)。

自由と正義をうたう合衆国憲法と有色人種のおかれた状況との矛盾。その歴史を振り返るのにふさわしい1冊です。

2008年12月18日(橋)