相互利用ご案内と利用条件

相互利用とは? ―外大図書館にない資料を利用できるサービス

「相互利用」とは、本来利用すべき図書館に必要な資料がない場合に、他の図書館の資料を利用できるサービスのことです。相互利用には、「現物貸借」「文献複写」「訪問利用」の3つのサービスがあります。そのなかでも、現物貸借と文献複写の2つを総称して「ILL(アイエルエル)*1」といいます。相互利用サービスを利用することで、外大図書館にない資料を入手することができます。なお、このサービスを利用できるのは、学部生・院生・研究生・科目等履修生です。

相互利用 現物貸借 他の図書館から図書そのものを取り寄せて借りること ILL
文献複写 他の図書館から文献のコピーを取り寄せること
訪問利用 他大学の図書館を直接訪問して資料を利用(閲覧・複写)すること

*1 Interlibrary Loanの略称。「図書館間相互貸借」と訳されます。

利用条件

相互利用の各サービスの利用条件は以下のとおりです。相互利用のお申し込みはカウンターまたはOPACから。料金の支払い、資料の受取・返却等はカウンターで行います。各サービスの手続きについては、「手続きの流れ」をご覧ください。

サービス 対象館 所要日数*2 利用(貸出期間) 実費負担 料金*3 支払い方法*4
現物貸借 他大学・国会 3~10日 1~3週間 郵送料 920~1400円 現金+切手
神戸市立図書館 2~5日 2~3週間
文献複写 他大学・国会 3~10日 複写料+郵送料 35~50×枚数+120~390円 現金のみ
British Library 7~10日 2,025円+著作権料*6 現金のみ
訪問利用 他大学 1~2日 1~5日間*5
  1. *2 現物貸借と文献複写は資料到着までの日数。訪問利用は利用申込の回答到着までの日数。先方の事情により、さらに日数がかかる場合があります。
  2. *3 資料により、上記の範囲を超えることがあります。
  3. *4 先方の指示によります。また、場合によっては上記以外の方法が指定されることがあります。
  4. *5 先方の事情により短くなる場合があります。
  5. *6 British Libraryのサービス体制変更に伴い、利用料金のほかに著作権料がかかります。詳しくはBLDSC文献複写サービスについてをご覧ください。