在学生の方市民・一般の方研究活動

2012年11月 5日(有効期限:2012年11月 9日)

神戸市外国語大学 英語教育オープンクラス 2012のご案内

神戸市外国語大学と神戸市教育委員会は両者の連携協力に関するアクションプランを策定しています。そのプロジェクトの一環として、昨年度に引き続き神戸市外国語大学で開講している英語教育、言語教育、教員養成関連科目をオープンクラスとし、現職の小・中・高の先生方に見学いただく機会を設けました。指導力向上や教員養成などについて考える研修の機会としてぜひご参加ください。

◆日程: 2012年11月8日(木曜)

◆オープンクラス:

時限 時間 教員名 科目名 場所
第3限 12:45-14:15 野村和宏教授 英語教育法「第1」2-G1 107教室
英語教員を目指す学生による模擬授業(Micro Teaching)を行います。3名の学生による模擬授業に続き、グループに分かれてそれぞれの授業について議論し、今後の改善につながる視点を学びます。
第3限 12:45-14:15 三野宮春子講師 英語教育法「第1」2-G2 205教室
本授業では全員が前後期4回の模擬授業を行っています。本時は10月のTT模擬授業をVTRとディスカッションで振り返ります。その過程での発見を次回模擬授業の目標設定につなげることがゴールです。
第4限 14:25-15:55 守﨑誠一講師 言語と文化 503教室
アリストテレスの「3段論法」が議論の正しさの判断に役に立たないのはなぜか? その欠点を克服することを目的に作られたトゥルミンの「議論分析モデル」とはどのようなものか? について講義をします。
第5限 16:05-17:35 氏木孝仁講師 メディア英語演習2 5AV教室
洋画を観ながら日本語の字幕作成をします。翻訳する際の問題点について議論し、映画の中で問題視されている社会性に着目し、映画全体を通して、どのような理解ができるのか意見を出し合う授業です。
第6限 17:50-19:20 野村和宏教授 パブリック・スピーチ 107教室
学生による司会進行で、準備したスピーチ発表、論評、即席スピーチなど全員参加型のスピーチセッションを行います。投票によりベストスピーカーを選んで表彰し、最後は教員による全体講評で終わります。

 
◆対象となる先生方:
神戸市の小学校、中学校、高等学校教員、兵庫県の高校教員、神戸外大大学院英語教育学専攻院生 (参加された先生方には当日、アンケート用紙に授業への簡単な感想やコメントの記入をお願いします。)

◆参加方法:
5つの授業を全て順次見学することも、特定の授業のみ見学することも可能です。
同時間帯の授業は途中で教室を移動し、両方を見学いただいて結構です。
教室・設備の準備の都合上、およその参加人数を把握する必要がありますので、下記までメールまたは電話で事前に申し込んでください。

◆参加申込み、問合せ先: 神戸市外国語大学国際交流センター  担当 屋久、別所
Email: international-office@office.kobe-cufs.ac.jp
Tel: 078-794-8171