国際交流・留学在学生の方

2014年3月10日(有効期限:2014年4月11日)

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」募集開始のお知らせ

文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトチームより、下記のとおり新しい海外留学支援制度について募集の案内がありました。
該当者は奮ってご応募ください。

応募方法:

下記の申請要件を満たす方は、公募用ウェブサイトより各自で願書をダウンロードし、
必要書類を作成の上、大学窓口への提出期限までに国際交流センター事務室までご提出ください。
 *詳細は下記公募ウェブサイトにてご確認ください。

 

申請要件:下記の全てを満たす方が対象となります。

(1)留学計画の要件(募集要項:第5項「(2)留学計画の申請要件」参照)

  • 2014年8月21日から2015年3月31日までの間に諸外国において留学が開始される計画
    ただし、留学開始前に2014年8月を目途に日本で開催される事前研修に参加できる計画
  • 諸外国における留学期間が28日以上1年以内(3ヵ月以上推奨)の計画
  • 留学先における受入れ機関が存在する計画
  • 在籍大学等が、教育上有益な学修活動と認める計画

    → 本学においては、受入れ機関は本学の協定締結校または同等の機関であることとし、
      活動内容も従前の派遣留学に準じたものを基本とします。

(2)支援の対象となる派遣留学生(募集要項:第9項「派遣留学生の要件」参照)

  • 日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている学生
  • 本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークに参加する学生
  • 在籍大学等において、学位取得を目的とした課程に在籍する学生
  • 在籍大学等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生
  • 独立行政法人日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生
  • 留学に必要な査証を確実に取得し得る学生
  • 留学終了後、在籍大学等に戻り学業を継続する者又は在籍大学等の学位を取得する学生

 

*なお、大学において、安全面について確認する必要がありますので、安全と認められない場合は受付できない場合があります。
また、日々の安全確認のために、常時連絡が取れる体制の確保と、定期的な報告書の提出等も義務付けられます。

 

大学窓口への提出期限:2014年4月11日(金曜)17時(厳守)

  • 大学窓口への書類の提出期限は、日本学生支援機構への提出期限とは異なります。
    必ず大学窓口への提出期限までに書類をご提出ください。

*上記の提出期限を過ぎた場合、応募は一切受け付けませんのでご注意ください。


関連リンク

【公募ウェブサイト】

https://tobitate.jasso.go.jp/