プレスリリース在学生の方学生生活市民・一般の方広報・事務局からのお知らせ

2014年6月10日(有効期限:2014年5月27日)

JUEMUN2014(日本大学英語模擬国連)の開催と講演会参加者の募集

模擬国連(Model United Nations)は実際の国連会議のシミュレーションにより国際問題への理解を深めるとともに、交渉力や議論の能力を高めることを目的とした教育活動です。子どもの権利、環境問題、防災対策など、実際に国連で議論となっているテーマについて、各人もしくは各グループがある特定の国の外交官・外交団としてその国を代表して他国と交渉しつつ、決議への自国の利害の反映を図ります。

 JUEMUN(ジュエマン)(Japan University English Model United Nations:日本大学英語模擬国連大会)とは、2010年に名古屋で初めて開催された英語による大学生の模擬国連大会で、講演や分科会での議論、決議などすべて英語で行われることが特徴です。2011年以後は、神戸市外国語大学、近畿大学、京都外国語大学の3大学が持ち回りで毎年開催しており、今年は本学で2回目の開催となります。

なお、本学ではJUEMUNの実績と経験を生かし、2年後の2016年に迎える本学創立70周年記念事業の一環として、世界最大規模の模擬国連である「NMUN(全米模擬国連大会)海外大会」の誘致を目指しています。

 

この度本学にて開催されるJUEMUN2014開催概要を下記のとおりお知らせします。
6月27日(金曜)の基調講演および28日(土曜)のゲスト講演には一般の方もご参加いただけます。

 

1.開催概要

(1) 開催日時:2014年6月27日(金)~29日(日)

(2) 開催場所:神戸市外国語大学(全体会:大ホール、討議:学舎4階、食事:学生会館)

(3)テーマ:潘 基文(バン・キムン Ban Ki-Moon)国連事務総長が提唱している「教育に関するイニシアティブ」。
①「全ての子どもに教育を」 ②「学習の質の向上」 ③「地球市民の育成」の3つの分科会を設置する。

(4) 参加者:約50大学から約200人が参加

(内訳)・学生   約180人(うち外国人学生約60人)
        ・教師等 約20人

参加学生出身国(予定):日本、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、ウズベキスタン、オーストラリア、カナダ、韓国、スペイン、スロベニア、タイ、中国、チリ、ドイツ、ナイジェリア、ネパール、フィリピン、ブラジル、フランス、ブルガリア、ペルー、マレーシア、メキシコ、ロシア(25カ国)

(5)進行:

・すべて英語で行われる。
・国連(今回はユネスコ)の議論を模して行われる。
・参加学生は「各国代表+議長・議長補佐」役と「ジャーナリスト」役に分かれる。
・「各国代表+議長・議長補佐」役は、上記テーマに沿い、3日間の討議で決議案の採択を目指す。
・「ジャーナリスト」役は、映像・ラジオ・新聞の各班に分かれて討議の模様を取材し、成果を発表する。

(6)主催:JUEMUN実行委員会

創設者・実行委員(姓/名の順)
・Zenuk(ゼネック) 西出(にしで),Lori(ローリー)(神戸市外国語大学国際関係学科准教授)(JUEMUN2014委員長)
・Smith(スミス),Craig(クレイグ)     (京都外国語大学外国語学部国際教養学科教授)
・Thorpe(ソープ),Todd(トッド)   (近畿大学文芸学部英語コミュニケーション学科准教授)

(7)共催:神戸市外国語大学

(8)協力大学:近畿大学、京都外国語大学、静岡文化芸術大学、筑波大学

(9)協賛団体:公益財団法人 中内力コンベンション振興財団、公益財団法人 神戸国際協力交流センター

(10)後援:神戸市、神戸市教育委員会、JALT/GILE(全国語学教育学会・グローバル問題と言語教育研究部会)

(11)その他:JUEMUN2014は、JSPS(日本学術振興会)科研費の助成を受けた研究の

一環として、開催されるものです。

2.全体スケジュール

月 日

時 間

内 容

場 所

6月27日(金曜)

10時00分~

受付開始

大ホール

11時00分~11時30分

概要説明

大ホール

11時15分~12時20分

ジャーナリスト役学生の会議

第2学舎504教室

11時30分~12時00分

近畿大学 金井啓子准教授の講演

第2学舎504教室

12時30分~14時15分

セッション1

学舎401~409教室

14時30分~14時45分

開会式

 主催者あいさつ

 船山仲他 神戸市外国語大学学長あいさつ

 久元喜造 神戸市長 あいさつ など

大ホール

14時45分~15時45分

村田光(みつ)平(へい)元駐スイス日本大使

基調講演 ※一般公開

大ホール

16時00分~18時00分

セッション2

学舎401~409教室

18時15分~20時00分

参加者歓迎レセプション

学生会館

6月28日(土曜)

9時00分~12時00分

セッション3

学舎401~409教室

13時00分~13時45分

黒田順子(みちこ)国連国際メディエーター

ゲスト講演 ※一般公開

大ホール

14時00分~18時00分

セッション4

学舎401~409教室

19時15分~20時00分

セッション5

学舎401~409教室

6月29日(日曜)

9時00分~12時00分

セッション6

学舎401~409教室

13時00分~16時00分

セッション7

学舎401~409教室

16時00分~17時00分

閉会式 (成果発表等)

大ホール

 


3.基調講演・ゲスト講演参加申込について

(1)基調講演の概要

日時:2014年6月27日(金曜) 14時45分~15時45分 ※当日は14時20分までにお越しください。

会場:神戸市外国語大学 大ホール

講演者:村田光平(みつへい)元駐在スイス大使

(経歴):外務省において、アルジェリア公使、フランス公使、国連局審議官、セネガル大使などを歴任し、1996-1999年スイス大使、現在は日本ナショナルトラスト評議員、地球システム・倫理学会常任理事など。

演題(予定):「新たな文明の構築:母性文化に根ざした世界的倫理」

使用言語:英語 ※通訳はありません

募集人数:200名 ※申し込み先着順。定員に達した場合も追加で座席をご用意する予定ですが、立ち見となる場合があります。

参加費:無料


(2)ゲスト講演の概要

日時:2014年6月28日(土曜) 13時00分~13時45分

会場:神戸市外国語大学 大ホール

ゲストスピーカー:黒田順子(みちこ)国連国際メディエーター(紛争解決の調停者)・国連開発計画(UNDP)平和構築アドバイザー

(経歴):国連で30年間にわたって、東ティモール国連平和維持活動官房長官や紛争解決研究所理事などを歴任し、世界の紛争解決にあたる。現在、ニューヨークのマーシー大学客員教授。

演題(予定):「平和のために働く~国連でのキャリアを通じて」

使用言語:英語 ※通訳はありません

募集人数:200名 ※申し込み先着順。定員に達した場合も追加で座席をご用意する予定ですが、立ち見となる場合があります。

参加費:無料

 
(3)参加申し込みについて

定員に余裕がありますので、先着順に当日参加を受け付けます。

 

(4)その他(参考)

一般公開ではありませんが、6月27日(金曜)11時30分~12時に、近畿大学総合社会学部の金井啓子准教授(社会・マスメディア系専攻)による、ジャーナリスト役学生を対象にした講演が行われます。(使用言語は英語:通訳なし)

演題(予定)は「ジャーナリストとして、大会議の取材に何を期待されるか」です。

(金井准教授の経歴)

外資系の通信社で18年間記者として英語および日本語で記事を執筆し、海外にも駐在した経験を生かして、取材方法などを中心としたジャーナリズム論を研究。

 

4.取材について

取材希望の方は、2014年6月25日(水曜)17時までに、下記へお申込みください。
経営企画グループ広報班 永井・鷲尾 電話:078-794-8106 FAX:078-792-9020