プレスリリース企業の方在学生の方

2014年7月22日(有効期限:2014年7月29日)

第4回全国大学生マーケティングコンテスト開催と参加チーム募集

全国大学生マーケティングコンテストは、神戸市外国語大学の国際コミュニケーションコースの学生を中心とする運営委員会が企画・実施する大会で、今年で4回目の開催となります。神戸市内の地元企業等から毎年違うテーマをいただき、そのテーマに対する具体的なマーケティングプランを全国から参加した大学生チームが発表し競い合うことにより、学生の創造力、企画力、発信力、英語力などが向上することを目指します。

第4回大会は、伊藤ハム株式会社よりテーマをいただきました。伊藤ハム株式会社と神戸市は、「神戸情報の発信」をはじめ、「食育」「防災」「地域活性化」など幅広い分野において連携・協力を進めるための包括連携協定を締結しており、今回もその一環としてご協力いただいています。

参加チームは、次の2つのテーマのうち1つを選択してマーケティングプランを作成し、英語で発表することを通じて、プレゼンテーション能力や提案内容の実行可能性を競います。このマーケティングプランにはSNSの使用を必ず組み込まなくてはならないなど、時代に即したクリエイティブな発想やマーケティングの即効性が求められます。世界に通用する英語コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力の向上を目指す、意欲的な学生チームの参加を募集します。

テーマ1: 「ポークビッツ」の販売促進戦略

テーマ2: 「ラ・ピッツア」の販売促進戦略

※優秀な提案であれば伊藤ハム株式会社の販促手段として採用される可能性があります。

 

thema1.jpgthema2.jpg

 

(1) 主催   神戸市外国語大学全国大学生マーケティングコンテスト運営委員会

委員長 アダム・アカー(本学英米学科准教授)

(2) 共催   神戸市外国語大学

(3) 後援・協賛依頼先

伊藤ハム(株)、(株)電通マクロミルインサイト、(株)椿本チェイン、(公財)日本英語検定協会、経済産業省、神戸商工会議所、神戸市、神戸市外国語大学消費生活協同組合

(4) 特別協賛

荻野正明氏 (神戸市外国語大学卒業生、香港のフェニックスグループホールディングス会長)

(5) 応募資格   日本の大学に在籍している学部生による3名または4名のチーム

(大学間の混成チームは認めない。留学生は各チームに1名まで。プレゼンテーション中にチームの全員が発言すること。)

 

(6)大会概要  *大会ホームページ= http://marketingjp.com/

申込・プラン提出締切

平成26年11月11日(火曜)

関東地区予選

平成26年11月29日(土曜)  於 文京学院大学

関西地区予選

平成26年11月30日(日曜)  於 甲南大学CUBE

決勝大会進出チーム発表

平成26年12月1日(月曜)

決勝大会

平成26年12月13日(土曜)  於 神戸市外国語大学 大ホール
(〒651-2187 神戸市西区学園東町9-1 電話078-794-8171)

賞品

1位=賞金25万円、1位から3位までの各賞

傍聴について

傍聴自由(但し、プレゼンテーションは英語で行われます。)

その他(大学院生部門の新設について)

パワーポイントを使用してマーケティングプランを作成し、その内容を競います。プレゼンテーションは行わず、書類のみで選考します。

最優秀プランには、賞金5万円が授与されます。

平成26年12月1日(月曜)  プラン提出締切

平成26年12月13日(土曜) 最優秀プラン発表

※大会の詳細や変更については、随時、大会ホームページにてお知らせします。

 

◆(参考)過去3大会の実績

 

テーマ提供企業等

テーマ

入賞校(1~3位)

2011年大会

(株)バリュープランニング

『B-Threeストレッチパンツ』の販売促進策

1位 東京大学
2位 関西大学
3位 神戸市外国語大学

2012年大会

神戸ハーバーランド

神戸ハーバーランドへの来客者数増加策

1位 神戸市外国語大学
2位 慶應義塾大学
3位 関西大学

2013年大会

(株)アシックス

①女性用ビジネスシューズ「GIRO」の販売促進戦略
②アパレル製品の販売促進戦略

※2つのテーマのうち、いずれか1つを選択

1位 慶應義塾大学
2位 甲南大学
3位 法政大学