プレスリリース在学生の方市民・一般の方研究活動

2014年11月19日(有効期限:2014年11月12日)

英語教育オープンクラス2014のご案内

神戸市外国語大学と神戸市教育委員会は両者の連携協力に関するアクションプランを策定し、様々な連携事業を展開しています。
そのプロジェクトの一環として、神戸市外国語大学で開講している英語教育、言語教育、教員養成関連科目の一部をオープンクラスとし、現職の小・中・高の先生方にご見学いただく機会を設けています。 平成23年度から開始し、今年度で第4回目の開催となります。
指導力向上や教員養成などについて考える研修の機会として、多くの皆様方の積極的なご参加をお待ちしています。

【日程】 平成26年11月26日(水)

【場所】 神戸市外国語大学 共同研究棟2AV教室、学舎105教室・302教室、第2学舎503教室

 

【オープンクラス】

第1限(8:50-10:20)

准教授 星野 徳子

専攻英語Ⅰ作文 A-G2

105教室

 

<概要>本授業ではparagraph writing の練習を行っています。英語のparagraph の構成の基本から、内容の発展のさせ方、よりよいparagraph にするための工夫について学びます。学期の後半には、essay の書き方の基本について学習する予定です。

 

第2限(10:30-12:00)

教授 野村 和宏

専攻英語Ⅰ発音C

2AV教室

 

<概要>英語が国際語として世界各地でその国独自の発音で用いられている中、日本で英語を専門的に学ぶ学生として誰にでも理解される標準的な英語発音を身に着けることを目指します。具体的には調音方法の理論的理解と実践練習、耳の訓練を通して英語発音を学びます。当日は破裂音を取り上げます。

 

第2限(10:30-12:00)

教授 山口 治彦

専攻英語Ⅰ文法D

302教室

 

<概要>非母語話者が理解に苦しむ語法上・文法上の問題はたくさんあります。そのような問題のなかから、名詞の可算/不可算の区別、前置詞at / on / in の使い分けなどについて考察します。覚えろ、慣れろといった機械的な学習ではなく、なるほどと納得のいく説明を試みます。

 

第2限(10:30-12:00)

講師 前村 奈央佳

言語と文化

503教室

 

<概要>毎回、言語と文化、周辺の概念に関するテーマを紹介し、受講生が議論する形式で進めています。様々な角度から考える姿勢や、発表の仕方を身につけることを目指します。例えば最近では、「日本人論(日本文化の性質についての議論)」について議論しました。当日は多文化主義を取り上げる予定です。

 

 

【対象となる先生方】

神戸市の小学校、中学校、高等学校教員、兵庫県の高校教員

神戸市外国語大学大学院英語教育学専攻院生

(参加された先生方には当日、アンケート用紙に授業への簡単な感想やコメントの記入をお願いします。)

 

【参加方法】

2つの授業を全て見学することも、特定の授業のみ見学することも可能です。教室・設備の準備の都合上、およその参加人数を把握する必要がありますので、下記までメールまたは電話で事前に申込んでください。

 

【参加申込み、問合せ先】

神戸市外国語大学国際交流センター  担当 岩佐・金野

Tel: 078-794-8171

Email: international-office@office.kobe-cufs.ac.jp