国際交流・留学在学生の方学生生活

2015年2月12日(有効期限:2015年3月20日)

平成27年度官民協働海外留学支援制度 ~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~ 第3期 募集のお知らせ

文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクトチームより、下記のとおり海外留学支援制度について第3期募集の案内がありました。該当者は奮ってご応募ください。

大学での学修に加え、インターンやボランティア等の体験活動を行う方が対象の奨学金です。休学留学の方も、受入れ機関が本学の協定締結校、または同等の機関である方は対象となります。(詳しくは国際交流センターまで。) 該当者は奮ってご応募ください。

応募方法:

下記の申請要件を満たす方は、公募用ウェブサイトより各自で願書をダウンロードし、必要書類を作成の上、大学窓口への提出期限までに国際交流センターまで申請書類とデータをご提出ください。(詳細は公募ウェブサイトにてご確認ください。)

 

申請要件:下記(1)(2)の全てを満たす方が対象となります。

(1)留学計画の要件(募集要項:第5項「(2)留学計画の申請要件」参照) 

1.平成27年8月21日から平成28年3月31日までの間に諸外国において
留学が開始される計画。ただし、留学開始前に日本で開催される事前研修に
参加できる計画に限る。

2.諸外国における留学期間が28 日以上2 年以内(3 か月以上推奨)の計画。

3.留学先における受入れ機関(以下「留学先機関」という)が存在している計画。

4.在籍大学等が、教育上有益な学修活動と認める計画。

※本学においては、受入れ機関は本学の協定締結校または同等の機関であることとし、
内容も派遣留学に準じたものを基本とします。
なお、本学が安全上問題があると判断した留学先については、応募を受付できない
場合があります。

5.実践活動が含まれている計画。
(補足:実践活動とは、現地でのボランティア活動やフィールドワーク等を指します。)

(2)支援の対象となる派遣留学生(募集要項:第9項「派遣留学生の要件」参照)

1.本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワーク(支援企業等に

対する留学計画や活動報告・成果等の情報の提供を含む。)に参加する学生

2.日本の在籍大学等において、学位取得を目的とした課程に在籍する学生

3.日本の在籍大学等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生

4.機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生

5.留学に必要な査証を確実に取得し得る学生

6.留学終了後、日本の在籍大学等で学業を継続又は学位を取得する学生

7.平成27年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生

8.インターンシップ等での報酬や他団体等から留学のための奨学金を受ける

場合は、その平均月額が、本制度による奨学金の支給月額を超えない学生

9.本制度の第1期または2期派遣留学生でない学生

※日々の安全確認のために、常時連絡が取れる体制の確保と、定期的な
報告書の提出等も義務付けられます。

 

学内提出期限:2015320(金曜)17(厳守) 

紙媒体、電子媒体をそれぞれ期日までに国際交流センターまで提出

※大学窓口への提出期限は、日本学生支援機構への提出期限とは異なります。
必ず大学窓口への提出期限までに書類及びデータをご提出ください。

※上記の提出期限を過ぎた場合、応募は一切受け付けませんのでご注意ください。

 

応募書類提出先:国際交流センター事務室(留学計画書等の紙媒体)

データ提出先:international-office@office.kobe-cufs.ac.jp 

問い合わせ先:国際交流センター事務室(TEL:078-794-8171)

関連リンク

【公募ウェブサイト】

平成27年度官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表

プログラム~公募ウェブサイト:(願書は各自でダウンロードしてください。)

https://tobitate.jasso.go.jp/