ピックアッププレスリリース企業の方卒業生の方国際交流・留学在学生の方市民・一般の方

2015年12月 7日

第5回全国大学生マーケティングコンテスト決勝大会の開催

第5回大会は、キリン株式会社 様にご協力いただき、テーマを設定しました。キリン株式会社と神戸市は、「神戸市産品の活用」をはじめ、「食育」「防災」「地域活性化」など幅広い分野において連携・協力を進めるための包括連携協定を締結しており、今回もその一環としてご協力いただいています。

決勝大会の日時・場所

  • 日時: 2015年12月12日(土曜) 13時30分~17時30分
  • 場所: 神戸市外国語大学 大ホール (神戸市西区学園東町9-1)

テーマ

出場チームは、下記のテーマ1、テーマ2のいずれかを選択してマーケティングプランを作成、発表するとともに、コンプライアンスキャンペーンとして「未成年飲酒撲滅」の提案を行う。

テーマ1: 「午後の紅茶おいしい無糖500mlペットボトル」の販売促進戦略

テーマ2: 「メッツコーラ480mlペットボトル」の販売促進戦略

決勝大会参加大学・チーム(五十音順) 6大学7チーム (各チーム3~4名)

 関西大学、近畿大学、慶應義塾大学(2チーム)、甲南大学、神戸市外国語大学、国際教養大学

※関東・関西予選から各3チーム選出。神戸市外大代表チームを加え、計7チームが決勝大会に参加

審査員(順不同、敬称略)

神崎 夕紀:キリンビール株式会社 神戸工場長

茂地 寿頼:キリンビール株式会社 神戸工場醸造エネルギー担当部長補佐

山形 光晴:キリンビバレッジ株式会社 マーケティング本部マーケティング部長

廣田 真希 株式会社電通マクロミルインサイト 大阪支社 営業企画部 プロジェクト・マネージャー

石井 沙佳株式会社電通マクロミルインサイト 大阪支社 営業企画部 リサーチャー

西川 美香子公益財団法人日本英語検定協会 研究員 

舟引 プライスウォーターハウスクーパース株式会社 シニアマネージャー 

本大会の特色

  • 神戸市外国語大学の学生の運営委員会が企画・運営する大会で、今年で5回目の開催です。
  • 司会運営、プレゼンテーション、質疑応答などの全ては、学生が英語で行います。
  • 大会運営委員長のアカー准教授は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の研究者でもあり、参加チームはYouTubeやFacebook、 mixi、LINE、Twitterなど何れかのSNSをプレゼンテーションに組込むことが、本大会の参加条件となっています。
  • 学生の実践的な英語コミュニケーション能力を鍛える場であるとともに、学生の目線から地元企業へ提言を行うことで、地域の活性化に貢献することも目指します。

主催  

神戸市外国語大学全国大学生マーケティングコンテスト運営委員会
委員長 アダム・アカー(本学准教授)

共催

公立大学法人 神戸市外国語大学

後援(順不同)

経済産業省、神戸市、神戸商工会議所、公益財団法人日本英語検定協会、文京学院大学

協賛(順不同)

キリン株式会社(今回のテーマ提供企業)、株式会社電通マクロミルインサイト、株式会社椿本チェイン、

プライスウォーターハウスクーパース株式会社、神戸ハーバーランド温泉万葉倶楽部、神戸サウナ&スパ、

神戸市外国語大学消費生活協同組合

特別協賛

荻野正明(おぎの まさあき)氏

(神戸市外国語大学卒業生、香港のフェニックスグループホールディングス会長)

大会概要

(1) 本学ホームページ   http://www.kobe-cufs.ac.jp/news/2015/17757.html

(2) 大会ホームページ   http://marketingjp.com/           

(3) 賞品: 1位賞金25万円、1位から3位までの各賞、コンプライアンスキャンペーン特別賞

(4) 審査基準:
1)プレゼンテーションの質(自信度、熱意、論理・明瞭性、質疑応答)
2)創造性・独創性
3)実現可能性

(5) その他: 傍聴自由・入場無料

(参考) 大会応募大学・チーム数(五十音順): 19大学37チーム ※()内はチーム数 

愛知大学(1)、関西大学(2)、共栄大学(2)、京都外国語大学(4)、杏林大学(2)、近畿大学(3)、慶應義塾大学(2)、甲南大学(2)、神戸市外国語大学(1)、神戸大学(1)、国際教養大学(1)、十文字学園女子大学(1)、上智大学(2)、同志社大学(1)、名古屋大学(1)、名古屋商科大学(1)、文京学院大学(4)、法政大学(2)、立命館アジア太平洋大学(4)