市民・一般の方教職員研究活動

2016年3月10日

エグリントンみか准教授が科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)に採択されました

本学英米学科エグリントンみか准教授の「Japanese Shakespeare in the New Millennium」(研究課題番号:15K02307)に関する研究が、科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)に採択されました。
エグリントン准教授の専門は英語演劇、特にシェイクスピア作品を中心にした前近代から今日におよぶ英国演劇と日英比較演劇で、今回のロンドン大学との国際共同研究においては、シェイクスピア作品の演出史におけるEuro-Asia間で行われる混交と変容の過程を読み解きながら、洋の東西における差異と相似を探ることを目的としています。

国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)は、現在科研費に採択されており、研究を実施している36歳から45歳までの研究者が1人で一定期間海外の大学や研究機関において海外共同研究者と共同で行う研究計画であり、かつすでに採択されている「基盤研究」又は「若手研究」の研究計画を格段に進展させることが期待される研究計画を促進することを目的としています。(「国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)公募要領」より)

リンク

  • 科学研究費助成事業データベース(KAKEN)はこちら
    (課題番号を入力していただくと研究概要をご覧いただけます。)

関連リンク

  • 科学研究費助成事業採択研究課題一覧はこちら