ピックアップ国際交流・留学在学生の方学生生活

2016年7月 8日

地元小学生の大学訪問(ボランティア体験談)

神戸市立太山寺(たいさんじ)小学校の5・6年生41名が本学を訪れ、英語でインタビューに挑戦しました。小学生のみなさんは、緊張しながらも授業で習った英語を使って、好きな食べ物や色、誕生日などを質問していました。インタビューのほかにも、大学の図書館を見学したり、大学のクラブ活動を体験させてもらっているグループありました。

    

下記に小学生のグループを引率した外大生の体験談を掲載します。

日程

2016年6月29日(水曜) 12時~15時

内容

キャンパスツアー、研究室訪問・学生インタビューなど

体験談

英米学科1回 東前さん

小学生の様子を見ていると英語を話す抵抗感がみられました。昔の自分を見ているようで懐かしかったです。一方で子どもたちの適応能力の高さには驚きました。インタビューの回数を重ねるごとに積極的になっていて、私も嬉しかったです。初めての教える側としての感想は、子どもたちが知っている英語を使わなくてはならないことが難しかったです。この取り組みに参加できたからこその体験だと思います。子どもたちと同じように私も一緒に学ぶことがたくさんありました。太山寺小学校の児童のみなさんと、先生方、外大でサポートしてくださった職員のみなさま、教授、外大生、留学生の方々に感謝しています。

太山寺小学校 5・6年生のみなさんの感想(一部抜粋)

  • 私は外大でいろいろな人にインタビューして、最初は何て言ったらいいかわからなくなったりして、不安だったけど、最後の方はスラスラ言えるようになりました。昨年よりも上手くなったので楽しかったです。
  • 外大へ行くのは2回目で、1回目よりはきんちょうしなかったけど、少しはきんちょうしました。インタビューでは、ならった英語はだいたい使えたのでよかったです。これからは英語を使ったり、英語をしゃべられるようになりたいです。
  • 去年より英語が上達して、色々話せるようになって、とても楽しかったです。学生の方全員やさしくて、話しやすかったです。そして、この経験を生かして、外国の人とも話せるようになりたいです。

  • 大学はすごい人がたくさんいて、外国人もたくさんいました。きんちょうしたけど楽しかったです。

  • ぼくは学長にドキドキしながら英語で話せたので、一番の思い出ができました。マットさんは相手の方から聞いてくれてすごく楽しかったです。もう一度行きたかったです。
  • 教授の部屋に行って、小学校とちがうことがいっぱいありました。本がいっぱいあって、部屋が本でいっぱいでした。食堂のごはんもおいしかったです。食堂の人にもインタビューをして、いろいろ教えてもらいました。
  • わたしは、軽音楽部に行ったことと、弓矢を体験できたのですごく楽しかったです。軽音楽部では一番ドラムがかっこよかったです。わたしが中学生になったら、軽音楽部か弓道部に入りたいです。また、外大訪問に行きたいです。インタビューでは、スペインの人、韓国の人、学長さんにインタビューをしたら、ほとんどの人がブルーが好きだったので「わー!」と思いました。
  • 体育館に行き、バレー部がとてもすごくて、バレーはよくわからないけど見ていて楽しかったです。1階では、ダンス部の人1人がカメラでとって踊っていました。キレッキレでした。空手部は、初めを見たのですがとても興味深く「もうちょっと見たいな」と思いました。ダンス部の学生さんにインタビューして楽しかったです。次に教授室に行きました。教授はとても楽しそうな人で、すごくわらっていました。質問して、それからパズルをして気持ちが楽になりました。とても楽しくてまた会いたいです。