ピックアップ国際交流・留学在学生の方大学案内学生生活市民・一般の方

2016年8月22日

「中学生イングリッシュ・サマースクール2016」開催報告

本学は、神戸市教育委員会と連携して、市内中学生の外国語教育活動のひとつとして、2008年から毎年、イングリッシュ・サマースクールを開催しています。今年は8月17日から19日までで、過去最多の約650人が参加しました。1日をかけて外国語の学習とコミュニケーションの楽しさに触れる、夏休みの得がたい機会になりました。自主参加ですが中には2回目、3回目という生徒もいました。

<1日の流れ>

Opening Ceremony @大ホール

MCのALT(外国人英語指導助手)3人による歓迎の歌にはじまり、約15カ国から来日して、神戸市内の中学校などで英語の授業をサポートするALTが、自分たちの出身国で人気のあるスポーツや食べ物、音楽などをステージで順番に紹介しました。会場は大盛り上がりで、これから始まるサマースクールへの期待感が高まりました。

  

ALT presentation @学舎3F・4F

午前は、20人ずつのグループに分かれて、謎解きゲームやダンスなど、英語で楽しむ5種類のアクティビティを楽しみました。リーダーとなったのはALT約120人です。「Speed Dating」では、初対面のALTと中学生が、3分間の制限時間中に自己紹介など英語でどれだけコミュニケーションできるかに挑みました。英語版山手線ゲーム「Category Rings of Punishment」では、国、食べ物、動物などの英単語を学びました。
 「何を話したらいいかわからなかったけど、質問に答えているうちにだんだん慣れた」「ALTは盛り上げるのが上手で大きな声を出せた」「ダンスのステップはちょっと難しかったけど、最後は全員でかっこよく決まった」「うまく話せなかったけど、身振りで何とか伝えられた」など、充実した声が聞かれました。

  

本学学生presentation @第2学舎

午後は、本学のロシア・中国・イスパニアの各学科の学生が、それぞれの言葉や国の興味深い話題を紹介しました。参加した中学生からは、「たくさんの国のことを知ることができてとても楽しかった」「外国語の発音が面白かった」「プレゼンテーションを聞いて、各国の印象が変わった」などの声が聞かれました。

  

Closing Ceremony @大ホール

最後に、参加した中学生から、今回のサマースクールを企画、運営した神戸市教育委員会、中学校の先生方、ALT、本学学生にお礼の大きな拍手が贈られました。

各種メディア関連

下記のメディアで、今回の取り組みが紹介されました。

1.2016年8月18日付 神戸新聞朝刊25面 イングリッシュ・サマースクール報告記事 掲載

2.2016年8月18日17時50分~18時 サンテレビニュース イングリッシュ・サマースクール報告 放送