ピックアップ国際交流・留学在学生の方学生生活市民・一般の方

2017年1月25日

2017年「神戸新春国際親善パーティー」に学生通訳として参加

2017年1月10日、神戸市が主催する「新春国際親善パーティー」に本学学生11名が通訳ボランティアとして参加しました。在関西外国公館関係者、外国人コミュニティ代表者、貿易・外資系企業関係者、教育関係者など幅広い分野の方々が出席され、参加学生にとっては実践の場で得意の語学を生かすことのできる貴重な機会となりました。

  

参加学生の体験談(一部抜粋)

  • 昨年の秋に通訳ボランティアセミナーに参加したことで、通訳ボランティアに興味を持ち応募しました。
    セミナーに参加した時に通訳の基本やコツなどを習いましたが、実際に通訳するのは初めてでとても緊張しました。ほとんどの方は日本語をある程度お話になられたので、あまり通訳する機会は多くありませんでしたが、議員の方が気さくに話しかけてくれたり、日常では会うことのない方々とお話ができて、とても有意義な時間を過ごすことができたので参加できてよかったと思います。

  • 通訳ボランティアとして参加させていただいたパーティでしたが、私が永年暮らしてきた神戸市の行政を第一線で担われている方々が各国の方々と交流され、市のネットワークが拡がる現場を目の当たりにできたことをとても貴重に感じました。私も来年度から市の職員として働くので、このようなグローバルな環境にいられることを誇らしく思うと同時に現実味と責任感が湧きました。

  • 今回来られていた外交官の方は、日本語も英語もお上手でしたので、私は通訳としてはあまりお役には立てませんでしたが、普段お会いする機会のない方々と、ロシア語、英語、日本語でお話でき、とても貴重な体験をさせていただきました。パーティーに来られているどの国の方々もにこやかでお話上手で、とても楽しい雰囲気のパーティーでした。より一層、語学学習や異文化理解へのモチベーションが上がりました。

  • 私は中国語の通訳ボランティアとして参加しました。普段は通訳の授業を受けていますが、実践経験が少なく、パーティーが始まる前は緊張しました。事前の準備は担当する方の写真や基本情報を調べることでした。実際のパーティーでは日本語を話せる方が多く、通訳する機会はあまりありませんでしたが、中国の方から中国語で数回声をかけられたことがありました。また、担当した方と日中関係についてもたくさん話しました。