ピックアップ国際交流・留学在学生の方大学案内学生生活

2017年2月22日

「神戸国際港湾会議レセプション」に学生通訳として参加

神戸開港150年を記念して開催された「神戸国際港湾会議」のレセプションに本学学生が英語と中国語の通訳ボランティアとして参加しました。神戸の姉妹港・友好港、アジア・ヨーロッパ各国の港の関係者約200名が出席した盛大なパーティーでした。

日時

2017年2月13日(月曜)18時~20時

場所

神戸ポートピアホテル本館地下1階「偕楽」

 

参加学生の体験談(一部抜粋)

  • 今回の通訳ボランティアは、とても楽しいものでした。初めは緊張していましたが、神戸市の職員の方が声をかけてくださり、名刺交換や談話などの通訳をさせていただきました。市議会の方や社長の方など、地位の高い方がたくさんいらして、厳かな雰囲気かと思いきや、みなさん和やかに接してくださり、通訳もしやすかったです。また、アジアをはじめとする多くの外国の方ともお話しができ良い経験になりました。私自身の英語が拙く通訳が難しい時もありましたが、どの方も私の英語を真摯に聞いてくださり、通訳をしていてとても楽しかったです。またこのような機会があれば、ぜひ参加したいです。

  • 自分で通訳が必要そうな人を見つけて話しかけに行くのはかなりハードルが高く、緊張していたので最初は会場の隅っこで様子を伺っていました。その後少し会場を歩き回ってみて、眼があった人や中国語を話す人と挨拶してみると、そこから会話が生まれたくさんお話しができたのでよかったです。お話の途中に日本人の方が来られて、神戸港と上海港の過去と未来についての話を通訳しましたが、双方の発言内容をおおまかにしか伝えられませんでした。発言内容を一旦自分の頭で置き換えて訳す練習、専門用語と話題についての知識の予習がもっと必要だと感じました。言語に堪能な出席者が多く、通訳することは非常に少なかったですが、普段お目にかかれない方々と交流できたのはとても良い経験でした。このような機会をいただけたことに感謝しています。