在学生の方学生生活市民・一般の方

2017年5月29日(有効期限:2017年6月21日)

ゲストスピーカー Nguyen Trinh Thi氏の講演会を開催します

神戸市外国語大学では、学生が授業と実社会とのかかわりを認識し、理解を深めることを目的として、ゲストスピーカーをお招きし講演いただく取り組みを行っております。今回、「専攻英語講読」の授業の一環として、ベトナムの実験的映像作家であり、Hanoi Doc Labの創設者であるNguyen Trinh Thi(グエン チン チー)氏をお招きし、一般の皆様にも聴講いただける形式で、下記の通り講演会を開催いたします。

日時

2017年6月21日 (水曜) 12時45分~15時55分

場所

神戸市外国語大学 三木記念会館
(神戸市西区学園東町9丁目1 / 神戸市営地下鉄西神・山手線「学園都市駅」から徒歩3分)

テーマ

「Film viewing and lecture by Nguyen Trinh Thi(芸術と社会の接点:「核」を巡る二つの映画を中心に)」
※この講演会は、本学授業「専攻英語 講読 (担当教員:エグリントン みか)」の一環として開催いたします。
※講演会は、すべて英語で実施いたします。

講演概要

3.11直後の東京で撮られた「Jo HaKyu(2012年、12分)」、少数民族チャム族が住むNinh Thuanにベトナム政府が同国発の原子力発電所を建設しようとする計画を事実と虚構を織り交ぜながら描写した「Letters from Panduranga (2015年、35分)」という核の脅威を、日本とベトナムの文脈から政治的かつ詩的に捉えた二作品を上映する。その後に、Nguyen氏の芸術と社会の接点に関する講義と討論会を英語で行うことによって、参加者の思考の糧を培い、その思考を視覚化する方法を探る機会としたい。

講演者

Nguyen Trinh Thi(グエン チン チー)

(Hanoi Doc Lab, Center for Documentary Film, Independent filmmaker/artist)

一般参加者の募集(申込方法)

本学学生は、参加申込は不要です。

募集人数

20名(先着順)

参加費

無料

申込方法

必要事項(講演会の名称、開催日時、氏名、住所、電話番号) をご記入の上、
FAXまたはe-mailにて、下記までお申込みください。

【送付先】FAX:078-794-8338 E-mail:kyomu@office.kobe-cufs.ac.jp
神戸市外国語大学 学生支援・教育グループ 教務入試班

【締切】 2017年6月20日 (火曜) 17時

※定員に達した場合は受付を終了します。