ピックアッププレスリリース企業の方卒業生の方国際交流・留学在学生の方大学案内学生生活市民・一般の方

2018年12月10日

第8回全国大学生マーケティングコンテスト決勝大会の開催

大学生が、英語で企業や団体のマーケティングプランを発表し競い合う 「第8回全国大学生マーケティングコンテスト」 の決勝大会を、12月16日(日曜)に神戸市外国語大学で行います。

「全国大学生マーケティングコンテスト」は、神戸市外国語大学の学生と教職員から成る運営委員会が企画・運営する大会で、2011年に始まりました。企業や団体等が提示するテーマについて、具体的なマーケティングプランづくりに取り組み発表することにより、学生の企画力、創造力、発信力、英語力の向上を目指します。

今回の大会は、フィデリティ投信株式会社が設定した「将来のための資産形成~TDF(ターゲット・デート・ファンド)の普及策~」というテーマに対して、全国6大学の10チームが、学生ならではの視点で企業や団体への提言を、英語で行います。大会は、どなたでもご覧いただけます。ぜひお越しください。(入場無料)

mcj2017.JPG

昨年の大会の様子

◆日 時

2018年12月16日(日曜) 12時30分~17時30分 (12時開場)

◆会 場

神戸市外国語大学 大ホール(神戸市西区学園東町9-1)

◆主 催

全国大学生マーケティングコンテスト運営委員会
(代表:山口治彦・神戸市外国語大学副学長)

◆共 催

公立大学法人 神戸市外国語大学

◆メインスポンサー

フィデリティ投信株式会社(テーマ提供企業)

◆後 援 神戸市、神戸商工会議所
◆特別協賛

荻野 正明 氏 (フェニックスグループホールディングス会長)

◆協 賛

株式会社東京証券取引所(日本取引所グループ)、カシオ計算機株式会社、平和不動産株式会社、神戸市外国語大学消費生活協同組合

◆テーマ 将来のための資産形成~TDF(ターゲット・デート・ファンド)の普及策~」

「TDF (ターゲット・デート・ファンド)」とは、子供の教育費や退職後の生活費など、将来の具体的用途や時期をあらかじめ設定し、ライフステージに合わせてリスク資産比率を調節しながら運用する、長期的な資産形成を目的にしたバランス型の投資ファンドです。人口高齢化が急速に進行するなかで、高齢期における所得水準の確保が喫緊の課題となっており、公的年金を補填する長期投資による個人資産形成の必要性が高まりつつあります。その一方で、日本においては、TDFなどの長期的な投資を目的にした商品の普及はまだまだ進んでないのが現状です。

今回は、このTDFをいかに普及していくかをテーマとし、参加チームは、公的年金制度等の現状や今後の見通しを踏まえつつ、高齢期の生活設計を考えた長期的な資産形成に資するTDF の特性や意義、ターゲット顧客層、販促方法や宣伝媒体などについて作成したマーケティングプランとプレゼンテーションを競います。

◆参加チーム

6大学10チーム                                

関西大学(2チーム)、慶応義塾大学、神戸市外国語大学(2チーム)、 公立鳥取環境大学、文京学院大学、法政大学(3チーム)(五十音順)

◆賞金     1位20万円、2位10万円、3位5万円
◆副賞 優勝チームメンバーにフィデリティ投信株式会社でのインターンシップの機会

Marketing Competition Japan(大会公式ホームページへ)