クラブ・サークルピックアップ在学生の方学生生活

2018年12月17日

本学学生が内閣府世界青年の船事業に参加しました

 本学の学生2人が、1月~3月の約40日間、内閣府主催の世界青年の船事業に参加しました。本事業はグローバルリーダー育成のための60年間の伝統ある国際事業です。今回は世界各国から240人、うち日本からは120人が参加し、約半年間にわたる研修の後、横浜からインド・スリランカを目指し40日間の船旅を行いました。参加者は船内で他国からの参加者と共にディスカッションやマネジメントセミナー等の各種セミナー、プレゼンテーションを行います。また途中ニュージーランドやフィジーを訪問し、施設見学や文化交流を行いました。参加した学生の感想を紹介します。                                  

イスパニア学科3年 西井考輔さん                                                   

40日間の船上での生活は、自分の価値観を大きく変えるものになりました。船上では外国人青年たちと言葉では言い表せないほど濃い時間を過ごし、時には世界のお酒を片手に笑い合い、時には満点の星空の下で語り合い、また時には本気でぶつかり合いながら、自分が今まで経験したことのないレベルの深いつながりとなりました。世界中に『家族』がいる。自分は安心して挑戦しても良い。そんな実感と自信が今の自分にはあります。

国際関係学科3年 牛田明香里さん

今年の春、40日間で人生感が変わりました。世界11カ国の青年達と船の上で40日間を過ごす「世界青年の船」と呼ばれる事業に参加したからです。逃げ場のない船の上で公用語は英語、周りには外国人青年達、キャビンでの共同生活、毎日刺激的すぎる日々でした。自分の能力の低さに落ち込むこともありましたが、青年達と一緒に乗り越え、最後はみんなで大号泣しました。世界中に一生ものの出会いができるのもこの事業の魅力だと思いました。とにかく心揺さぶられる事業です。

ship1.png ship2.png

世界青年の船事業には来年も本学から2人の参加が決定しています。

事業の詳細については下記URLを参照してください。

内閣府 青年国際交流のページへ