ピックアップ卒業生の方国際交流・留学在学生の方

2018年12月20日

荻野スカラシップ第6期派遣留学生の決定について

本学では、教育・研究における国際交流の推進を図っており、海外の交流協定締結大学等との教員交換、学生の派遣・受入れ、学術研究交流や、各種国際交流活動の支援などを実施するとともに、「広い国際的視野に立って活躍できる人材の育成」を教育方針として掲げ、学生・院生の海外留学を積極的に支援しています。

その一環として、国際的に活躍しておられる本学卒業生の荻野正明氏(フェニックスグループフォールディングス会長)のご協力を得て、チャレンジ精神が旺盛な留学生を支援する「荻野スカラシップ」を2014年度に創設しました。このスカラシップは、一人当たりの支給額の上限が250万円で、国内の大学では最高水準の奨学金であることが大きな特色となっています。

12月16日(日曜)に本学で、第6期派遣留学生に決まった3人への授賞式を行い、あわせて第3・4期派遣留学修了者が帰国報告をしました。授賞式では指学長より「派遣留学決定書」を授与した後、留学決定者が感謝の言葉と抱負を述べ、帰国者が留学の感想とお礼を語りました。6人の学生は、寄贈者の荻野正明氏から激励のお言葉を頂き、それぞれの留学への思いをかみしめました。

奨学金の概要

制度名

荻野スカラシップ

留学時期

2019年1月~12月に留学を開始

支給額

留学先大学の授業料相当額、準備金100万円(ただし、以上の合計は上限250万円とする)

第6期派遣留学決定者(3人)

英米学科3年 入江 邑弥(中国、中国人民大学留学予定)
勉学計画:「中国語、中国の文化と社会についての学習・卒業論文に向けて中国語コミュニケーション学の研究」

ロシア学科2年 伊藤 健介(ロシア、サンクトペテルブルク国立大学留学予定)
勉学計画:「ロシア語・日本語間の文化・文法的な違いにより翻訳不可能な表現の研究」

国際関係学科3年 鹿嶽 志帆(オーストラリア、グリフィス大学留学予定)
勉学計画:「神戸の新たな魅力を創造し、世界に発信するための観光学についての研究」

留学修了者

英米学科4年 荒木 希望(ドイツ、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン校留学、第3期)

英米学科4年 岡本 佳奈(英国、ニューカッスル大学留学、第4期)

英米学科4年 佐合 由衣(英国、リーズ大学留学、第4期)

Ogino2019Left.JPG Ogino2019_Center.JPGOgino2019_Right.JPG

リンク

荻野スカラシップ(海外留学奨学金)