クラブ・サークルピックアップ卒業生の方在学生の方学生生活市民・一般の方

2020年4月30日

模擬国連世界大会(NMUN)ニューヨーク大会にて本学の学生が入賞!

 3月29日(日曜)から4月2日(木曜)の日程で米国・ニューヨーク市で開催予定であった模擬国連世界大会(※1)は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、開催直前に中止となりました。本学からは、国際関係学科3年(※2)の青野菜摘さん、椛山美生さん(模擬国連世界大会2020神戸大会学生事務総長)、地福春香さん、津田理沙さん、西部唯衣さん、同学科2年のロー・シェンニーさん(リーダー)、中川里奈さん、同学科1年の鈴木孝志さん、辻岡千明さん、ヒキタ・キーシャ・ロレーヌ・サントーヨさん、第2部英米学科3年の岩部ほのかさんの11人が、アルゼンチン代表として、「人口開発委員会」・「国連総会第一委員会」・「国連総会第二委員会」・「核不拡散条約再検討会議」・「世界食糧計画」の5つの会議に参加する予定でした。

 世界大会自体は中止となりましたが、大会主催者より、参加予定者の長きにわたる準備と熱意に敬意を表し、「政策提案文書優秀賞(Position Paper Awards)」が授与されることになりました。本学参加予定学生のうち、椛山さんと中川さんの「核不拡散条約再検討会議」と岩部さんとヒキタさんの「世界食糧計画」の2チームが同賞を受賞しました。

◆政策提案文書優秀賞(Position Paper Awards)表彰状

KCUFS_Position_Paper_NPT.jpgKCUFS_Position_Paper_WFP.jpg

<核不拡散条約再検討会議(NPT)> <「世界食糧計画」(WFP)>

(※1)「模擬国連」とは、国連をシミュレートする教育活動で、世界各地で様々な取り組みが行われています。参加する学生は、経済や社会全般についての議決や勧告を行う国連経済社会理事会の理事国それぞれの外交官となり、与えられたテーマについて、自国の考えや政策を主張し、さらに他国との交渉や折衝を重ね、委員会として提言をまとめます。「世界大会」は、大学生による模擬国連の最大規模の大会で、春季にニューヨークで、秋季には米国以外の国で開催されています。

(※2)学年は2019年度時点の情報です。