ピックアップ在学生の方大切なお知らせ

2020年8月13日

新型コロナウィルス感染症についての学長からのメッセージ(2020年8月13日付)

 年初には思いもよらなかった新型コロナウィルス感染症の広がりは、半年以上経った現在も収束の兆しが見えません。それどころか、春以上の勢いで感染者が増え、若い人びとへの影響が深刻です。この夏の感染については、軽症者が多いと報道されていますが、軽症であっても、身体への負担はかなり大きいようですし、日常生活に支障をきたすような後遺症が長く続く場合も多いといわれています。軽症だからといって軽く考えるのは禁物です。

 この新型コロナウィルスに関しては未知のことが多く、感染防止の対応は慎重になされる必要があります。大学という場は、生徒が決まった行動をとる小中高校に比べて、多くの人間の動線が複雑に交差します。つまり、感染防止が極めてむずかしい場所になります。

 また、人が動き、接触機会が増えれば、感染者が増えてしまうことも、経験的に知られています。もちろんリスクをゼロにするのは無理ですが、リスクを小さくする努力はしなければなりません。とりわけ、情報が少ない新しい病気に関しては、われわれは謙虚であるべきでしょう。

 大学の場合、まず優先されるべきは、対面での授業の再開ですが、現在、部分的にでも再開ができないか、教職員が知恵を出し合っています。また、必要になるであろう資材の確保・調達などにも努めています。

 そういった正常化への道に踏み出すことは、コロナウィルスの前では、ガラス細工の上を歩むようなものです。臆病すぎるほど慎重に歩を進めなくてはなりません。熱意のあまり、走り出してしまうと、もろくも崩れ去るかもしれません。

 みなさんの大学生活にかける思いは痛いほどよく分かります。学びや部活、サークル、人との出会い、そういったものは、かけがえのないものとして、みなさんのこれからの人生を支えてくれます。しかし、今は、情熱が無謀になることは避けなければなりません。今だけを見つめるのではなく、未来を考えてほしいと思います。

 長い人生の中では、大切なものを失ったり、様々な事柄をあきらめたりしなければならないことがよくあります。しかし、挫折はピリオドではありません。挫折をバネにしてさらに遠くへ歩みを進めることもあるでしょう。挫折を心の糧にして、痛みの分かる心豊かな人になることもできるでしょう。現在の辛い状況を乗り越えた先には、幾重にも大きくなり、頼もしくなったみなさんがいることを信じています。

2020年8月13日
学長 指 昭博

本学のInterpretation Study Group (通訳勉強会)が本学の留学生向けに英訳しました。

以下、英訳です。

Even after six months since the outbreak began, the pandemic of COVID-19 has not been stamped out yet, which no one expected at the beginning of the year. Moreover, compared to the spring, the number of infectees has been increasing more and more. The situation has seriously affected especially the younger generation. It is said that the current wave this summer includes many cases of mild symptoms. However, even in mild cases, our bodies can be badly subjected to the infection. It may cause long-term aftereffects that damage our daily lives. Regardless of its severity, we should take this illness seriously.

Preventive measures need to be taken with caution as many things remain unknown about the virus. Most students have fixed schedules in primary and secondary education, which allows schools to anticipate their activities. At universities, on the other hand, quite a few individuals spend their time differently, making it even more difficult to develop effective measures.

Previous cases have shown that the number of cases increases when people leave home and are in contact with others more often. We need to try and minimize the risk, if not to zero. We ought to act in a humble manner particularly when we only have a little knowledge of the new virus.

Our priority as a university is to resume face-to-face classes. Your faculty is discussing ways to reopen the classes partially, if not all of them. We are also working on securing educational materials that you will need once physical classes restart.

We cannot be too careful when taking the step to return to normal life, considering we are facing COVID-19.

If we become too enthusiastic, we may go too far and ruin ourselves easily.

It is truly understandable how much you make the most of your university lives. Things you do at university, such as studies, club activities, and meeting lots of different people, will be invaluable and support the rest of your lives. However, your current passion should not make you reckless. I need you to look not merely at the present but also to the future.

Life isn't short. You may lose what matters to you or give up on many things in your life. But failure does not mean an end. Failure can help us move forward. Failure can help enrich our mentality to understand the pain of others. When we get out of the current crisis, I am sure we will be much bigger and stronger than we were.

August 13th, 2020

Akihiro SASHI

President