公開講座

2020年10月20日

【魅力発信事業】神戸YMCA国際奉仕センター・ランゲージセンター所長の松田道子氏によるオンライン講演会が行われました

「神戸発、いまだから・・・!―言葉でつなぎ、つむぐ7つの物語(ストーリー)―」

新型コロナウィルス感染拡大により、学びの場としての大学のありかただけでなく、わたしたちの生き方や働き方にも変化が迫られています。今年度の神戸市外国語大学魅力発信事業では、神戸で活躍する7名の方々による初めてのオンライン講演会をシリーズで企画しました。国際感覚と広い視野を備えた講師の方々のライフ・ストーリーを大学キャンパスから発信します。この困難な時代における新しい学びと暮らしを共に考えます。

2020年、「行動する国際人」の育成を教育理念とする神戸市外国語大学は、国際都市神戸が歴史の中で育んできた芸術文化や経済の力を再発見し、そこから世界につながる新たな価値観の創造をめざします。

第2回「なぜわたしは難民支援にかかわるようになったのか」

9月24日(木曜)、第二回目となる「神戸市外国語大学魅力発信事業」の一環として、公益財団法人神戸YMCA常勤理事(教育国際部門担当)、神戸YMCA学院専門学校 校長、神戸YMCA高等学院校長、国際・奉仕センター・ランゲージセンター所長の松田道子氏を迎え、オンライン講演会を開催しました。

はじめに、英米学科の難波江仁美教授より、講師について紹介があり、その後、講師の松田氏によりご自身の育った環境や難民支援にかかわるようになった経緯、難民支援での実際の活動などをお話しいただきました。

スクリーンショット 2020-10-19 11.50.02.pngスクリーンショット 2020-10-19 11.48.29.png

配信には500回近くのアクセスがあり、多くの方に見ていただくことができました。難民という世界規模の大きな問題であっても、希望を持ち続け行動を起こす松田さんの前向きな姿勢に多くの方から感銘受けましたといった感想をいただきました。

関連リンク