OPEN CLSOE

寄附金の税制上の優遇措置について

公立大学法人神戸市外国語大学に対する寄附金の優遇措置について

公立大学法人神戸市外国語大学に対する寄附につきましては、所得税法、法人税法等による税制上の優遇措置が受けられます。

個人の場合

所得税 《所得税法第78条第2項第2号》

寄附金の合計額(寄附金の合計額が総所得金額等の40%を超える場合は、総所得金額等の40%)が2,000円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。

所得控除額 = 寄附金額 − 2,000円

個人市民税 《神戸市市税条例第23条の2第1項第3号》

神戸市では、所得税の寄附金控除の対象となっている寄附金の中で、市長が指定した団体に対する寄附金を、個人市民税の寄附金控除の対象としています。本学は、この指定を受けています。神戸市にお住まいの方で、寄附金の合計額(寄附金の合計額が総所得金額等の30%を超える場合は、総所得金額等の30%)が2,000円を超える場合、その超えた金額に6%を乗じた税額が控除されます。

税額控除額 = (寄附金額 − 2,000円) × 6%

法人の場合 

法人税 《法人税法第37条第3項第2号》

全額損金算入が可能です。

優遇措置を受ける手続きについて

確定申告期間に、公立大学法人神戸市外国語大学が発行した「寄附金領収書」を添えて税務署に申告してください。

なお、「寄附金領収書」は、寄附金の入金が確認され次第、大学から送付されます。

大学案内トップへ