OPEN CLSOE

教職課程

神戸市外国語大学教職支援センター

2017年6月1日に教職支援センターを設立いたしました。教職支援センターは、「教職生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な向上方策について(答申)」(平成24年8月 中央教育審議会)において掲げられている「大学内の教員養成組織体制の充実」を目指して、本学の教員養成における資質向上や、教職課程履修者へのより一層充実した支援を目的に設立されました。本学が長年培ってきた優れた教員養成の実績と歴史を大切に、今後も全学的に教員養成に取り組み、教員を志す学生の一人一人を応援していきます。

センター長ごあいさつ

本学の教職課程は1954年に設置され、以来、優秀な教員を市内・県内はもとより全国各地に輩出してきました。学生の中には、中学や高校で神戸市外大卒の教員の指導を受け、本学を目指した学生もいます。またそれぞれの地域の学校や教育委員会等で指導的な役割を果たしている卒業生の教員も多くいます。
 本学出身の教員の強みは、充実した専攻の授業を通して鍛えられた高い語学力と真摯な学びの姿勢に裏付けられた教員としての資質です。学生同士が教職に向けた学びを自らのものとして主体的に勉強会を開催し、教職担当の教職員は教育実習に向かう学生への模擬授業セミナーや採用試験の面接対策セミナーを通して親身になった支援を行っています。
 こうした教職課程に関わる組織をより効果的に動かしていくため、この度、教職支援センターが設立されました。今後も引き続き、社会の期待に存分に応える優れた教員養成を目指して参りたいと思います。

教職支援センター長 英米学科教授 野村和宏

教職課程

本学では、中学校・高等学校の教員免許状の取得のために「教職課程」を設けています。本学で取得できる教員免許状はこちら

教員と学生の距離が近い小規模の大学であることを強みとして、学科における教科専門教育だけでなく、教職教育においてもきめ細かい指導を行っています。

こうした教員養成体制の成果として、これまで長年にわたって本学が輩出してきた多くの教員が、地元の神戸市・兵庫県はもちろん、全国で活躍しています。

また、本学では毎年、高い教員採用試験合格率を誇っています。
2016年度:66.7%
2015年度:45.0%
2014年度:30.4%

神戸市外国語大学の教職サポート

各学科・グループの教員によって構成される教職部会や担当事務局が中心となって、教職課程を履修する学生をさまざまな面から支援しています。

FAQ(卒業生の方へ)はこちら

教職課程情報の公表はこちら

学科紹介トップへ