OPEN CLSOE

英語教育学専攻-4学期・週末利用型リカレント教育大学院-

世界の急速なグローバル化の進展や、インターネットをはじめ情報通信技術の発達にともない、日本社会においても英語の果たす役割はますます大きくなり、21世紀を生き抜く子どもたちにとって実質的な国際共通語である英語の運用能力がコミュニケーションのためのツールとして不可欠なものとなりつつあります。このような状況の中、従来の研究者養成を主目的とした英語教員養成課程の教育内容では十分に対応できない面が目立つようになってきています。

神戸市外国語大学大学院英語教育学専攻修士課程は、このような英語教育を取り巻く大きな変化の中で、すでに現職教員として教育実践経験をもつ者が、日頃の教育現場で必要とされる高度な英語運用能力や職業人としての専門的な知識を向上させることは勿論、日々の教育実践を通して、英語教師としての技術の向上、生徒理解の促進などを含め、教育者としての自己改革を目指した大学院修士課程です。そこでは大学教員と小・中・高校教員が理論と実践を学び合い情報を共有することを基本的姿勢としています。

2006年度~2008年度には文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に選ばれ、海外での研修プログラムや国際学会などに参加するとともに、小学生英語ミュージカルやシンポジウムの開催など、さまざまな取り組みを行いました。(詳細はこちらへ)

特徴

仕事と勉学の両立が図れるカリキュラムとしています。

履修資格

入学時に、教員免許状取得後1年以上の教育経験を有する現職教員あるいはそれに準ずる者

「職業実践力育成プログラム」(BP)及び教育訓練給付制度対象講座に認定

2015年12月に、社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムとして、2015年12月に文部科学省「職業実践力育成プログラム」(非正規労働者のキャリアアップ)の認定を受けました。
更に、2017年4月より厚生労働省の教育訓練給付(専門実践教育訓練給付)の対象講座になりました。

授業科目

中・高等学校英語教育コースと児童英語教育コースに分かれています。

中・高等学校英語教育コースの学生は中・高等学校英語教育コース必修科目から6単位と共通必修科目から16単位の合計22単位を履修し、かつ、中・高等学校英語教育コース選択科目及び共通選択科目から8単位以上を選択して、合計30単位以上を履修します。

児童英語教育コースの学生は、児童英語教育コース必修科目から6単位と共通必修科目から16単位の合計22単位を履修し、かつ、児童英語教育コース選択科目及び共通選択科目から8単位以上を選択して、合計30単位以上を履修します。

カリキュラムの全体図はこちらへ

授業担当スタッフ

授業科目名英語名担当教員
4領域の指導法A・B Integrated Four Skills A・B 教授 D.Tatsuki
教育工学と英語教育 Educational Technology and English Teaching 教授 野村和宏
英語教育指導分析1・2 English Classroom Teaching Analysis 1・2 教授 玉井健
異文化理解教育 Teaching Intercultural Understanding 准教授 前村奈央佳
アカデミック・ライティング Academic Writing 准教授 L.Z.Nishide
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 教授 村田純一
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 教授 野村和宏
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 教授 玉井健
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 教授 D.Tatsuki
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 教授 横田玲子
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 准教授 L.Z.Nishide
英語教育学特別研究1・2 English Language Education 1・2 准教授 山口征孝
英語教授法 English Language Teaching Methodology 教授 村田純一
コミュニケーションと文法指導 Communication and teaching of grammar 教授 村田純一
教授 山口治彦
スピーチ・コミュニケーションA Speech Communication A 教授 野村和宏
児童英語教育法A・B Teaching English to young children A・B 教授 横田玲子
スピーチ・コミュニケーションB Speech Communication B 准教授 L.Z.Nishide
通訳技能と英語教育 Interpreting Skills and English Education 非常勤講師
第二言語習得論 Second Language Acquisition Processes and Phenomena 教授 M.Sanz
基礎教育統計学 Basic Statistics for Educational Research 准教授 前村奈央佳
カリキュラム・教材開発論 Curriculum and Material Development 非常勤講師
文学と英語教育 Teaching with Literature in the English-language Classroom 教授 D.Farrah
(隔年開講)
社会言語学と英語教育 Sociolinguistics and English Language Teaching 准教授 山口征孝
ティーム・ティーチング Team Teaching 准教授 L.Z.Nishide
児童英語教育セミナー Seminar in English-language education for children 非常勤講師
テスティング Testing 非常勤講師

*各講義の概要や授業時間割はトップページの「シラバス検索」をご利用ください。

時間割例

春学期4~7月の15週間金曜日 18時00分-19時30分
19時40分-21時10分
カリキュラム・教材開発論
4領域の指導法B
児童英語教育法B
土曜日

10時50分-12時20分
13時10分-14時40分
14時50分-16時20分
16時30分-18時00分

教育工学と英語教育
スピーチ・コミュニケーションA
児童英語教育法A
通訳技能と英語教育
英語教育指導分析1

夏学期7、8月 集中 9時00分-12時00分
12時50分-15時50分
16時00分-17時30分

異文化理解教育
テスティング
4領域の指導法A
児童英語教育セミナー
第二言語習得論
ティーム・ティーチング
文学と英語教育

秋学期10~1月の15週間金曜日 18時00分-19時30分
19時40分-21時10分
英語教授法
アカデミック・ライティング
土曜日 10時50分-12時20分
13時10分-14時40分
14時50分-16時20分
16時30分-18時00分
スピーチ・コミュニケーションB
英語教育指導分析2
コミュニケーションと文法指導
冬学期2、3月集中土曜日 9時30分-11時00分
11時10分-12時40分
13時30分-15時00分
15時10分-16時40分

基礎教育統計学

*実際の授業科目の配置は年度により異なりますので、新学期に時間割をご確認ください。

履修制度

本専攻では、現役の教員の方が勤務を続けながら就学できるよう、長期履修制度及び短期履修制度を導入しています。

長期履修制度

  1. 制度の概要
    神戸市外国語大学大学院外国語学研究科英語教育学専攻は、主に小学校、中学校および高等学校の現職教員を対象にした修士課程です。
    本専攻の授業は、金曜日の夜間、土曜日および夏季休業中2週間集中と冬季休業中に行われます。
    本専攻の標準的な修業年限は2年ですが、申し出により3年または4年の期間をかけて計画的に履修し、学位や資格を取得する「長期履修制度」を利用することができます。 その場合授業料は、総額(2年分)を3年間または4年間で分割して納入できます。
  2. 対象者: 英語教育学専攻への出願者
  3. 期間: 長期履修期間は、3年または4年(出願時にどちらかを選択)
  4. 授業料(年額)
    1. 3年計画の場合  大学が定めた授業料年額×標準修業年限(2年)÷長期履修期間(3年)
    2. 4年計画の場合  大学が定めた授業料年額×標準修業年限(2年)÷長期履修期間(4年)

    従って、通常の2年分の授業料を3年または4年で分割し、納入することになります。詳細はこちらをご確認ください。

  5. 申請時期: 出願時に「長期履修申請書」を添えて提出。
  6. 長期履修の許可通知: 申請者に対して入学試験の合格発表と同時に郵送にて通知します。
  7. 履修計画の変更
    1. 履修計画の短縮変更は、各年次の指定する期日までに届出をし、変更計画が認められた場合は、翌年度から変更が可能です。
    2. 履修計画の延長変更は、1年次の指定する期日までに届出をし、変更計画が認められた場合は、翌年度から変更が可能です。

短期履修制度

  1. 制度の概要
    神戸市外国語大学大学院外国語学研究科英語教育学専攻は、主に小学校、中学校および高等学校の現職教員を対象にした修士課程です。
    本専攻の授業は、金曜日の夜間、土曜日および夏季休業中2週間集中と冬季休業中に行われます。
    本専攻の標準的な修業年限は2年ですが、入学時に既に優れた業績を上げていると認められた場合、1年で所定の単位を取得し、修了する「短期履修制度」を利用することができます。
    ここでいう「優れた業績を上げた者」とは、次の(1)から(4)のいずれかに該当する場合です。

    (1) 修士の学位を既に保持し、かつ英語教育の分野における研究の成果が優れていること。
    (2) 英語教育の分野で修士の学位に相当する論文等の業績を持ち、かつ現在の研究の成果が優れていること。
    (3) 入学時に既に英語教育の分野で大学院レベルの単位を相当数取得し、かつ現在の研究の成果が優れていること。
    (4) 上記(3)と同等以上の特に優れた研究成果を持つと認められること。

  2. 対象者: 英語教育学専攻への出願者
  3. 添付する業績について: これまでに発表した主要な研究論文・研究報告書等(コピー可)を各1部申請書に添付すること。
  4. 授業料: 1年分
  5. 申請時期: 出願時に「短期履修申請書」および研究等の業績を添えて提出。
  6. 短期履修の許可通知: 申請者に対して入学試験の合格発表と同時に郵送にて通知します。

問合せ先

神戸市外国語大学 研究所グループ 大学院班
TEL: 078-794-8238
FAX: 078-794-8160
e-mail: grad_kcufs@office.kobe-cufs.ac.jp

大学院紹介トップへ