OPEN CLSOE

研究不正検証委員会報告

 2015年6月15日、研究不正検証委員会 田中康秀委員長より本学学長に報告書が提出されましたので、ここに報告いたします。

研究不正検証委員会からの以下7つの提言を着実に実行し、再びこのような事態が生じないよう、全学を挙げて取り組んでまいります。

提言1.全構成員に対する「研究行動規範」等諸規程の更なる周知を図る。
提言2.「コンプライアンス研修」を確実に実施する。
提言3.「不正防止計画」の策定と実行を着実に行う。
提言4.『外大論叢』に査読システムを導入する。
提言5.教員の採用・昇任時に第3者評価を導入するなど、研究不正のチェックをより厳格に行う。
提言6.研究者相互のアカデミックコミュニケーション促進のために、「風通し」 のよい教職員コミュニティを創る。
提言7.提言に対する実施状況を定期的にフォローアップする。

【報告書全文】『神戸市外国語大学 研究不正検証委員会 報告書』

研究活動トップへ