OPEN CLSOE

ニュース & トピックス

プレスリリース入試案内受験生の方在学生の方大切なお知らせ教職員

2014年5月14日(有効期限:2014年9月30日)

大学院通訳翻訳学領域で初のダブル・マスター学生募集を開始

神戸市外国語大学は、2014年3月、オーストラリアを代表する名門大学の一つであるモナッシュ大学との間で、大学院修士課程英語学専攻の通訳翻訳学領域でのダブル・マスターに関する協定を締結しました。この協定に基づいて、このたび、2015年度のダブル・マスタープログラムの学生募集を本年7月より開始します。

協定の概要

このプログラムに参加する学生は、本学の大学院修士課程に入学後、1年目はモナッシュ大学で、2年目は本学でモナッシュ大学の大学院生とともに学び、2年間の課程修了後、本学とモナッシュ大学の双方から修士の学位を授与されます。双方が送り出す大学院生の数は、各年度において最大5名までとしています。

協定の特色

オーストラリアと日本での修士課程2年間の履修で、神戸市外国語大学とモナッシュ大学の2つの大学院から、修士の学位を同時に取得できます。
日本の大学で、通訳翻訳学領域で海外の大学とダブル・マスターのプログラムを開始するのは初めてのケースです。

モナッシュ大学について

・オーストラリアのメルボルン近郊にある州立大学で、1958年設立。オーストラリア国立大学などとともに、オーストラリアの8つの重点研究大学である ’Group of Eight’ に属する。
・学生数-経営、法、工、医学部、薬学部など10学部62,998名(うち、大学院生12,228名)
・提携校:世界30カ国の100大学以上と交換協定を締結
・日本の学生交流提携校(13大学)
千葉大学、一橋大学、九州大学、明治学院大学、名古屋大学、名古屋商科大学、お茶の水女子大学、大阪大学、埼玉大学、成蹊大学、東京大学、筑波大学、早稲田大学
・通訳翻訳学領域でのダブル・マスターの提携校 ジャン・ムーラン大学(フランス・リヨン 翻訳学領域)、トリエステ大学(イタリア 通訳翻訳学領域)
・通訳翻訳学領域でのダブル・マスター提携協議中の大学 東南大学(中国・南京)、ガジャマダ大学(インドネシア・ジョグジャカルタ)

取材について

取材希望の方は、下記までお申し込みください。

(取材申し込み先)
神戸市外国語大学 経営企画グループ 広報班  永井
TEL:078-794-8106 FAX:078-792-9020

リンク

詳細はこちらを参照

関連リンク

ニュース&トピックス一覧へ