OPEN CLSOE

ニュース & トピックス

入試案内卒業生の方受験生の方在学生の方市民・一般の方教職員

2014年9月11日(有効期限:2015年3月31日)

【大学院】修士論文不要・新履修コース「課題研究コース」を設置しました

神戸市外国語大学大学院では、新たな履修コースとして、「課題研究コース」を設置しました。本コースは本学大学院教育の理念である「幅広い国際感覚と高い外国語運用能力を備えた人材の養成」を目標としており、将来国際社会において対外的なニーズに即応できる的確な判断力と柔軟に行動できる国際感覚をもった社会人を目指す方を対象としています。

【特徴】
これまでの修士課程(新・修士課程「論文コース」)で、必須科目となっていた専門領域における履修科目数の比重を減らし、全専攻共通科目の履修科目数のそれを増やすことで、ある程度の専門性を保ちながらも、広い分野における知識を習得することが可能になりました。
また、特定の課題研究についての研究成果の審査をもって、修士論文の審査に代えることができます。
◆課題研究とは・・・
課題研究は、学術報告、口頭発表、あるいは最終試験のいずれかの中から、各専攻または指導教員により指定されます。

 

【修了要件】
2年以上在学し、所定の授業科目から30単位以上を取得し、課題研究の提出と、その審査に合格した者に修士の学位が授与されます。

 

【研究科長インタビュー】

Q. 「今回の課題研究コース新設にあたりどのようにお考えですか? 」

A. 「これまで、研究者養成という性格の強かった文化系の大学院のイメージを、高度な専門知識を備えた社会人を養成することで、社会とのつながりが強化され、大学院の可能性を広げてくれるものと期待しています。」

Q. 「課題研究コースに入学される学生さんに期待することなど、メッセージをお願いします。」

A. 「修士課程の2年間は、長いようであっという間です。自分の将来を見据え て、計画的に、かつ貪欲に知識や技能などを吸収してほしいと思います。そしてそれらを存分に活用して、社会で直面する様々な問題の解決に取り組んでほしいです。」

問合せ先

神戸市外国語大学 研究所グループ 大学院班
TEL: 078-794-8238
e-mail: grad_kcufs@office.kobe-cufs.ac.jp

リンク

ニュース&トピックス一覧へ